連載

保湿してもすぐ乾く… 肌や髪の乾燥に【冬の悩みにいい5つの食材 day2】

疲れや便秘、乾燥や冷えなどの季節特有の不調。それらは食事で強いカラダを作っていけば予防できるものです。この連載は食養生の第一歩。Twitterで大人気の漢方家・櫻井先生の最新著書から「冬のお悩みを助ける5つの食材」と簡単に作れるレシピを紹介します。12/1から7日間、毎日更新中!

2019年12月5日 更新

3. 目のかすみや乾燥には「クコの実」

「飲む目薬」といわれる漢方薬に使われているクコの実は、正真正銘の目にいい食材。すっきりとよく見えるようにする力があります。加えて、足腰や骨、筋肉を強くしてくれるので、アンチエイジングにもぴったりなんです。

とはいえ、杏仁豆腐にのっている1〜2粒を食べたところで効果は期待できません。理想はひとつかみ毎日食べること。おやつとしてそのまま食べたり、お茶に煮出してどうぞ。

手羽元でつくるサムゲタン風スープ

白い器に入った、鶏手羽と白菜、糸唐辛子

Photo by macaroni

生姜やスパイスの力で身体があたたまるサムゲタンは、シンプルな食材で代用して作れば簡単。手羽元を使って、クコの実をたっぷり入れて召し上がれ。

4.「はちみつ」で目指せしっとり潤い肌

肌や呼吸器系の粘膜には、外敵から身を守るバリアの役割がありますが、これは潤いがあってこそ!はちみつのもつ「潤膚(じゅんふ)」という力は、胃・肌・喉・鼻・大腸にまでおよび、身体全体を潤してくれます。潤いは、美容だけでなく健康の観点でもとても大事なんです。

とはいえ、果糖とブドウ糖で高カロリー。一日ティースプーン1~2杯くらいがちょうどいいので、朝や夜に舐めるだけでもOKです。

材料3つで台湾スイーツ、豆花(ドウホワ)

透明の器に、タピオカやナッツが入った豆花

Photo by macaroni

豆乳、はちみつ、ゼラチンさえ用意すればできてしまう豆花。台湾ブームにのっかり、いろんなトッピングを用意して作ってみては?

5.喉を中心に、肌や髪の乾燥にも「梨」

前回の「喉の不調・咳編」でも登場した梨は、“空咳や乾燥からくる喉の痛みに良い” とご紹介しました。喉だけでなく、肌や髪など全身を潤してくれるので、乾燥が気になる人は積極的に食べることをおすすめします。

梨でも洋梨でもOK。そのまま食べたり、芯をくり抜いて氷砂糖としょうがを詰めて蒸したり、という食べ方もあるので、気になった方は書籍を覗いてみてください。

ホットケーキミックスで作る、梨のタタンケーキ

濃いキャラメル色の梨タタンにホイップクリーム

Photo by macaroni

シンプルな材料で作れる梨のタタンは、寒い冬に紅茶と楽しみたいスイーツ。濃厚なカラメリゼと、梨のジューシーさが至福の時間をもたらしてくれますよ。
2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう