美味チョコ速報!「サロン・デュ・ショコラ 2020」のおすすめショコラ12選

チョコ好きなら絶対見逃せないイベント「サロン・デュ・ショコラ」。来年も1月27日(月)からの開催が予定されていますが、待ちきれない!という方も少なくないはず。そこで今回は、このチョコレートの祭典に登場する注目アイテムの展示会に参加!見逃せないショコラの一部をご紹介します。

2019年12月1日 更新

「サロン・デュ・ショコラ 2020」の注目アイテムをご紹介!

サロン・デュ・ショコラに登場するショコラの一部

Photo by macaroni

チョコ好きにとって毎冬の楽しみといえば、やはり「サロン・デュ・ショコラ」(以下、サロショ)ですね。フランスを中心に世界各国から実力派のシェフが集まり、渾身のクリエーションを見せるチョコレートの祭典。今年も大きな盛り上がりを見せたイベントですが、2020年ももちろん開催が予定されています。
第18回目となる次回「サロン・デュ・ショコラ 2020」(以下、サロショ2020)のテーマは“出会い”。前回と同じく過去最多の112ブランド(うち20ブランドが初登場!)が参加するとのことで、7日間の会期(2020年1月27日[月]〜2月2日[日])でどんな素敵なショコラと出会えるのか、期待に胸がふくらみます。

今回は、先日のメディア向け展示会で紹介された出品アイテムから、3つのセレクションボックスと、注目の9ブランドをご紹介!

詳細を知れば知るほど、開催日が待ち遠しくなること受け合いです。

セレクションボックスのテーマも「〜出会い〜」

毎年恒例のサロショ限定「セレクションボックス」。これが一番楽しみだという方、少なくはないはずです。

サロショ2020では、“出会い”をテーマにした3つのボックスが登場。フランス国家最優秀職人章「MOF」のショコラティエ部門の認定シェフ、フランスのショコラ格付け「C.C.C」で最高評価を獲得したシェフなどの錚々たる面々が、特別なショコラとの出会いを提供します。

Rencontre 〜出会い〜

Rencontre 〜出会い〜

Photo by macaroni

Rencontre 〜出会い〜
16 粒入り

人生に大きな影響を与えた出会いを基に、“素材”にフォーカス。1粒1粒の見た目、味、香りから、16人のシェフそれぞれの個性を感じられるセレクションボックスです。
~シェフ~
■ フランク・ケストナー
■ クリスチャン・カンプリニ
■ フィリップ・ベル
■ クリスティーヌ・フェルベール
■ リリアン・ボンヌフォア
■ フレデリック・アヴェッカー
■ ダヴィド・カピィ
■オリヴィエ・ヴィダル
■ ニコラ・ベルナルデ
■ フランソワ・ジメネーズ
■ カンタン・バイィ
■ クリストフ・ルヌー
■ ジャン=ポール・エヴァン
■ パスカル・ル・ガック
■ サダハル・アオキ
■ モリヨシダ

Hommage 〜オマージュ〜

Hommage 〜オマージュ〜 12 粒入り

Photo by macaroni

Hommage 〜オマージュ〜
12 粒入り

「Hpmmage 〜オマージュ〜」は、作り手に影響を与えた“人”へのオマージュが込められたセレクションボックス。12人のシェフが、師、生産者、家族などへの敬意をショコラ1粒で表現しています。
~シェフ~
■ イカ・コーエン
■ クリストフ・ルヌー
■ カンタン・バイィ
■ クリスチャン・カンプリニ
■ ニコラ・ベルナルデ
■ パスカル・ル・ガック
■ アルノー・ラエール
■ ル ショコラ ドゥ アッシュ
■ フランク・ケストナー
■ キャラメル・パリ
■ クリスティーヌ・フェルベール
■ パティシエ エス コヤマ

Harmonie 〜一粒の中での出会い〜

Harmonie 〜一粒の中での出会い〜

Photo by macaroni

Harmonie 〜一粒の中での出会い〜
8粒入り

「Harmonie 〜一粒の中での出会い〜」は、8人のシェフのボンボンショコラを詰め合わせたセレクションボックス。“素材と素材を組み合わせることで生まれる出会いを表現した”という1粒1粒が、口の中でハーモニーを奏でます。
~シェフ~
■ ジャン ピエール・ロドリゲス
■ ジャン = ポール・エヴァン
■ セバスチャン・ブイエ
■ パティシエ エス コヤマ
■ ユミコ サイムラ ピッコラ・パスティチェリア
■ ル ショコラ ドゥ アッシュ
■ ドゥブルベ・ボレロ
■ ブルーノ・ルデルフ

注目!4つのニューブランド

1. トゥルビヨン バイ ヤン・ブリス

トゥルビヨン バイ ヤン・ブリスのシュセット(8個入り)

Photo by macaroni

シュセット(8個入り)

2018年5月にパリ郊外でブティックをオープンしたヤン・ブリス氏は、ダロワイヨ、有名ホテルで経験を積み、2011年にはMOFパティシエを取得した注目のパティシエのひとりです。

「シュセット」は、メレンゲ、サブレ、シトロンマーマレード、シトロンクルムーをホワイトチョコレートソースでコーティングした、ケーキ1つを味わうような満足感をくれるというひと品。目を引く造形のせいか人だかりができ、多くのメディアがカメラをむけていました。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう