ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

昨今のレトルト食品を侮ってはいけない……!

Photo by macaroni

このハンバーグ、レトルトとは思えないおいしさでした
できるだけ安価に健康的な食事にするには自炊がいちばん。 そうはいうけれど、毎日の自炊はなかなか大変。遅くに帰宅して料理をする元気が残っていない日もあるし、献立を考えるという毎日の課題から解放されたい日も正直あります。 そんなときに頼れるのが、レトルト食品。コンビニやスーパーで買えるレトルト食品は年々レベルが上がり、チンしてお皿に盛りつけるだけで家族も大満足な食事が完成! たまには思いっきり頼っちゃいましょう!ということで、macaroni編集部の料理好きメンバーに「本当におすすめできるレトルト食品」を教えてもらいました。

1. 濃厚キーマカレー / セブンイレブン

Photo by macaroni

macaroni営業部 / なぎ 営業部で日々クライアントと向き合うなぎ。一方スイカオタクとして、夏は毎日スイカ商品を口にし、レビューを続けている(今は冬のため休業中)。

Photo by macaroni

1食あたり 150g / 234kcal / 192円(税込)
「辛いものは好きだけれど、辛すぎるのは苦手なわたし。いつもカレーは “中辛寄りの甘口” くらいを食べています。そんなお子さま舌のわたしでも難なく食べられて、よく食べているのがこのカレー。 ただ甘みがあるだけじゃなく、コクがあってお店でちゃんと作られたような本格的な味。マイルドなんだけどスパイスをしっかり感じられるし、ルーがどろっとしているところも食べ応えを感じられてお気に入り」

Photo by macaroni

「お皿に移さなくてもこのまま電子レンジで調理できるのも最高。ボリュームもいつも満足してます。 これまであまりカレーにハマったことはなかったけれど、これは今自分の中でプチブーム。今度茄子とか入れてみたいなーと思っています(いつも空腹に耐えられずそのまま食べちゃうんだけどね)」

2. サムゲタンスープ / 成城石井

macaroni 編集部 チーフ編集ディレクター / さっちゃん 元美容部員で美意識が高く、おまけに仕事の意識も高い、macaroni を代表するクールビューティー女子。面倒見がよく、まさにみんなの姉御的な存在。

Photo by macaroni

1食あたり 900g / 100gあたり 78kcal / 1,069円(税込)
「初めて一人暮らしした時に、よく食べていました。今は結婚してレトルトを食べることがほとんどなくなりましたが、唯一まだ食べている商品と言っても過言ではないかも」

Photo by macaroni

「大きな鶏肉が入っていますが、お箸でほろほろ崩れるほどの柔らかさ。骨も食べれるくらい柔らかくなっているので、嫌でなければ食べて欲しいくらい!スープも本当に濃厚で、2人で食べても十分なほどのボリュームですが、あっという間になくなります。 中身を土鍋に出して煮るのがおすすめの食べ方です!」

3. ガパオチキンバジル / いなば

Photo by macaroni

macaroni 編集部 マカロニメイト担当 / みーちゃん インターンを経て入社した macaroni 古株メンバー。マカロニメイトにまつわる企画を担当しており、2019年11月には担当した書籍「365日のスープ」が発売&重版となった。韓国好きな、テキパキしっかり者のギャル。

Photo by macaroni

1食あたり 115g / 144kcal / 127円(税込)
「中学生のとき、母親がよく買っていたこのガパオライス缶。当時 “ガパオライス” っていう料理が浸透していなかったのでガパオライスとして食べておらず、クセのある鶏そぼろだなぁと思っていました(笑)」

Photo by macaroni

※たまご・白米・バジルは入っていません
「成長していくにつれてさまざまなガパオにめぐり会い、改めてこの子のクオリティを再認識!にんにくとナンプラーが効いていて、目玉焼きをのせたらもうお店の味。ちょっぴり甘めでご飯がよく進みます。 唐辛子の辛さはしっかり感じられますが、辛さが足りないひとはプラスしても◎」

4. レンジで簡単!麻婆春雨 中辛 / 永谷園

Photo by macaroni

1食あたり 190g / 139kcal / 198円(税抜)
「いなばのガパオチキンバジルに続いて、レトルト食品といえばもうひとつ紹介しておきたいものが! 麻婆豆腐や麻婆なすなど『麻婆〇〇』が大好きで、ファミリーマートで見つけた瞬間に即買いしたこの商品」

Photo by macaroni

「この商品のいいところは、袋の素材!そのままレンジで加熱できるし、しっかり自立するからお皿にも出さずに食べられる。この袋にご飯と七味をいれて混ぜて袋ごと食べています。せっかち且つめんどくさがり屋さんにおすすめしたいスピード飯! もちろん味もおいしいです。きくらげがしっかりと入っているところやピリリと辛いのもお気に入りのポイントです」

5. 南部ゆばとこんぶの無添加スープ / 成城石井

Photo by macaroni

macaroni 編集部 & macaroni store MD / まりねえ macaroniのブランド作りに携わる一方、macaroni storeの立ち上げやマーチャンダイズを担当。自他共に認める酒豪で平日から飲み歩く一方、自宅の庭に木を植えて果物を育てているなど、ギャップが激しい。

Photo by macaroni

1食あたり 13.5g / 13kcal / 5食入 500円(税抜き)
「渋いパッケージに惹かれて買ってみたら、大・正・解でした。五臓六腑にすっと染み入るようなやさしい味わい。でも、決して味が薄すぎるということはなく、お湯をかけるだけで湯葉も細切りの昆布もしっかりピチピチ」

Photo by macaroni

お湯をそそぎ、スープの素を混ぜます
「このスープが本領を発揮するのは、ちょっと小腹が空いたときや飲み会帰りの口寂しいとき。温かいおだしをすすっているだけで、なんとなく身体にいいことをしている気分。そして、コリコリとした歯ごたえの昆布は腹持ちもよく、たった13kcalで満ち足りた気持ちにしてくれます。 ちなみに、同じシリーズで〈わかめ〉〈ゆず〉も販売されています。そうめんが合いそうなので、今度試してみるつもりです」
Photos:22枚
ハンバーグをカットしてチーズがとろり
新宿を歩く後ろ姿の営業部なぎ
箱レトルトカレーのパッケージ
ピンクベージュの器に盛られたカレーライスと福神漬け
海を前にする編集部さきちゃん
オレンジ色+サムゲタンが載った袋入りのパッケージ
黒い器から大きな鶏をスプーンですくっている
韓国でチマチョゴリを着る編集部みーちゃん
ピンク色のカバーの、缶詰
目玉焼きとバジルがのったガパオライス
片手サイズの黄色の袋パッケージ
きくらげが入ったはるさめをごはんにのせている
編集部まりねえ
薄い緑の日本らしい袋入りパッケージ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS