性能をチェック!水につけて絞ってもOK

Photo by akiharahetta

まずは水に濡らして、吸水性と耐久性を確認してみましょう。蛇口から流れる水をまるでふきんのようにぐんぐんと吸収。よく見ると、濡れた部分が透けて、ドットのような模様が浮き出ています。特殊な構造のペーパーであることがわかりますよね。

Photo by akiharahetta

たしかにしっかりと絞れて、ちょっとやそっとじゃ破れそうにない丈夫な感触です。ペーパータオルとはいうものの、不織布に近い感じ。乾いた状態と比べると、しんなりとやわらかさが増し、いかにも拭き掃除に向いていそうです。

油汚れがすっきり落ちるからキッチンの掃除に最適!

Photo by akiharahetta

最初に使ったのは、キッチンで一番汚れの目立つレンジ台。料理したあとは、油ハネや焦げ付き、調味料の飛び散りでどうしても汚れますよね。濡らした「スコットカーショップタオル」で拭いてみたところ、とってもすっきり!やわらかくて伸縮するから、布では届きにくい細かい部分まで拭けるんです。乾拭き用と合わせて2枚で完璧な仕上がりになります。

ステンレス・金属類がピカピカに

Photo by akiharahetta

ということは、換気扇掃除にも向いているはず。ここは気化した油に細かいホコリが絡まる厄介な場所。いつもは洗剤を使って掃除していますが、なんと「スコットカーショップタオル」を使ったところ、洗剤なしでもキレイになったんです。

Photo by akiharahetta

これにはびっくり!普段は古布を使っていましたが、布の種類によっては何度も拭き直す必要があり、ちょっとしたストレスでした。洗剤を使わなくていいから1回の拭きとりでOK!時短にもなりますよね。とくにステンレスなどの金属がピカピカになるので、シンクまわりのお掃除にもおすすめです。

タイルの油汚れのちょこっと拭きに

Photo by akiharahetta

ついついあと回しにしてしまいがちなキッチンまわりの壁。毎日拭き掃除できたら理想的ですが、正直面倒ですよね。しかも面積が広い……。 いい掃除グッズを探していましたが、陶器のタイルに関しては布で拭いた場合と大差ありませんでした。ただ、ちょこちょこマメに拭きたい人にとっては、手軽な分「スコットカーショップタオル」に軍配があがると思います。

水拭き以外の使い方

調理家電の水洗いできない部分に

Photo by akiharahetta

普段の料理に欠かせない炊飯器やホットプレートなどの調理家電。取り外して丸洗いできる部分以外のお手入れに「スコットカーショップタオル」が活躍します。しっかり絞れば安心して拭くことができるんです。ベタベタ汚れや細かい溝部分の汚れもしっかりキャッチしてくれるし、水垢も残しません。オーブンレンジのお手入れにもピッタリですよ。

カトラリーのお手入れ

Photo by akiharahetta

ソフトな感触でクッション性に富んだ特性を発揮する使い方がこちら。やさしくこするだけで磨くことができました。奮発して購入した、大切なカトラリーを傷つけることなく安心して使えますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ