ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

ワイングラスの選び方

ワインの味わいは、ワイングラスの形によって大きく変わると言われています。ワインの繊細な香りや果実味、酸味などを明瞭に感じるためにも、そのワインに合ったワイングラスを選ぶことが大事です。 グラスの形状で香りの立ち方、ワインが口の中に流れ込む量や速さ、口の中での広がり方などが変わります。そのため、多くのメーカーでは、ワインの種類やぶどうの品種、産地ごとに、異なる形状のワイングラスをラインナップしているんです。

赤ワイン用グラスの特徴

ボルドータイプ

ボルドー用のワイングラスは一般的なワイングラスよりも大きめに作られているのが特徴です。ボウル部分は卵形で縦長。俗にリューリップ形ともいわれています。香りが立ちやすい形状をしていて、タンニンの渋みをまろやかに感じることができます。 ぶどうの品種でいえば、カベルネ・ソーヴィヨンやメルロー、シラーズなどに適したワイングラスです。また、ボルドーワインはボトルの形がいかり肩になっているのがポイント。普段この形のワインを飲む方は、ボルドー用のグラスを選ぶとよいでしょう。

ブルゴーニュタイプ

ボルドー用のワイングラスと比較すると、ボウル部分がふっくらと大きく、丸みがあるのが特徴です。飲み口がすぼまっているのも特徴的で、ワインの香りを引き出し、逃さずに楽しむことができます。 ブルゴーニュワインにはピノ・ノワールというぶどうが使われていて、渋みが少なくほどよい酸味の味わいが特徴です。また、ブルゴーニュワインはボトルの形がなで肩になっているのが目印。よく飲むワインのボトルがなで肩なら、ブルゴーニュ用のグラスを用意しましょう。

白ワイン用グラスの特徴

赤ワイン用に比べて、白ワイン用のワイングラスは小ぶりに作られいます。これは、白ワインの飲み頃温度と関係していると言われているそう。一般的にはボウルの形状は卵形で、飲み口がゆるやかにすぼまっているのが特徴です。 白ワイン用のワイングラスには汎用性があり、白ワイン以外にもスパークリングワインや日本酒の吟醸酒などにも使えます。これらのお酒を飲む機会が多い方は、白ワイン用グラスを1本持っておくのもよいでしょう。

シャンパーニュ用グラスの特徴

シャンパーニュグラスにはさまざまな形がありますが、とくに好まれるのがフルートタイプのグラス。シャンパーニュの泡を楽しむために、幅が細く、高さを持たせているのが特徴です。フルートタイプは場所を取らず、パーティーシーンなどでも活躍します。 最近ではシャンパーニュの熟成した香りを楽しむために、ボウル部分に膨らみを持たせたグラスも出てきました。また、メーカーによっては、ロゼ・シャンパーニュ用のグラスをラインナップしていることもあります。

ワイングラスの素材

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS