食べすぎには気をつけて。ナッツダイエットをするときのポイント3つ

ぽりぽりとした食感がおいしく、おつまみやおやつに大人気のナッツ。健康効果や腹持ちのよさが噂され、ナッツダイエットも流行していますが、その反面カロリーが高いことでも知られています。果たしてナッツでダイエットは叶うのか、体への効果を解説!食べるときの注意点もご説明します。

2019年10月7日 更新

食べ方のコツ

お腹が空いてしまった時のおやつとして食べたり、食事前の空腹感をまぎらわして食べ過ぎ防止のために役立てるのがおすすめです。

ただし市販のナッツを選ぶ時にも注意点が。おつまみとしても人気のナッツは塩が加えられているものが多く販売されています。余分な塩分をとらずにすむよう、味付けがされていない無塩のものを選びましょう。

食べる量

食べすぎを防ぐために、おやつとして口にする食べ物は200kcal以内に抑えるのが目安。(※7)

ナッツの種類にもよっても違いますが、ナッツ100〜200kcal分の目安は約20〜30粒。(※1)1日に食べる量がこちらの目安を大きく超えないように注意しましょう。少量でも食べ応えのあるナッツは、よく噛めば十分に満足感を得られますので、食べ過ぎ防止のために少量ずつ食べるのがおすすめです。

ナッツダイエットではここに注意!

食べすぎはNG

ナッツは栄養価が高く健康効果が期待できる食品ですが、脂質が多くカロリーが高いことも特徴のひとつ。

どんなに良質な脂質でも、取りすぎればエネルギーが消費されずに脂肪として蓄積されてしまいます。腹持ちがいいナッツは上手に取り入れられればダイエットに役立てることができるので、1日に食べる量を決めて、少量ずつよく噛んで食べるようにしましょう。
3 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちず

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう