ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

お箸でほぐれる!? やわらかチキン発見

Photo by muccinpurin

お肉のなかでも、食べやすさやお手頃感から人気の鶏肉。日々の食卓に上る回数も多いのではないでしょうか? 業務スーパーで見かけた鶏肉のチルド加工品「チキンの照りっと煮」は、お手頃価格でやわらかく、とても満足度が高かったので、興奮冷めやらぬうちにご紹介します♪

安心の国内製造。 業務スーパー「チキンの照りっと煮」

Photo by muccinpurin

「チキンの照りっと煮」248円(税別)
皆さんは、業務スーパーに行ったら何を購入しますか?いつも使っている調味料の業務用サイズや、格安の冷凍アイテムが注目されがちですが、実は隠れた人気アイテムが並ぶのがチルドコーナーなんです。 チーズやハムなどの加工肉の並びに、ひっそりと並んでいるチルド食品。なかでも「チキンの照りっと煮」は業務スーパーもおすすめする、ひそかな人気商品なんですよ。

Photo by muccinpurin

真空パックになったパッケージを裏返してみると、骨付きの鶏もも肉が2本まるごとごろり。たれもかなりたっぷりと入っているようです。丸ごとの骨付き肉が2本入って、税別248円とかなりのお手頃プライス。 お肉の加工品で安いとなると、気になるのはどこで加工されたか、ですよね。パッケージやホームページを見ると、しっかり「国内自社関連工場製造」と記されています。自社関連工場で大量生産することでコストを抑えているようです。それなら安心して食べられそうですね!

やわらかすぎるので、取扱注意!

Photo by muccinpurin

温める方法は2種類。封を切らずにそのまま熱湯に入れるか、袋から取り出してレンジにかけるかを選べます。 今回は、まず温める前の状態を見たかったのでパッケージを開封。箸を使って取り出しましたが、あまりにやわらかく煮てあるので、危うく身が崩れそうに。 ホームページの商品紹介には「骨からほろりとほぐれる……」とありましたが、まさにその通り。きれいなまま取り出すには、注意が必要なようです。

驚くほどほろほろやわらか

Photo by muccinpurin

耐熱皿に移して500wのレンジで5分ほど加熱し、いざ実食です。 冷たいときにはとろみがあった煮汁が、温めるとさらっとした状態に変わって鶏肉への絡みが悪かったので、片栗粉で軽くとろみをつけてみました。少しの手間をかければ、ツヤツヤの仕上がりが美しく、ぐっとおいしそうに見えますよ。

Photo by muccinpurin

ご覧ください!箸を入れただけなのに、骨から身がすっと外れます。これは快感! じっくりと煮込めば身はやわらかくなりますが、さすがに皮は固いことがほとんど。ところが照りっと煮は皮もきれいに箸で切れてしまい、身と同じようにやわらかに。 食べる前から感激の嵐ですが、食べるとまたそのしっとり加減に感激しました。甘辛醤油をベースにした味わいは、どこかほっとする家庭の味。 しっかりとたれが絡んでいるので、ご飯との相性も抜群です。彩りにチンゲン菜や小松菜をそえれば、栄養バランスも完璧ですよ。

ほぐして「台湾風鶏肉飯(ジーローハン)」

Photo by muccinpurin

骨から簡単にほぐれるお肉を使って、ごはんにのせた鶏肉飯(ジーローハン)を作ってみました。鶏肉をごはんにのせて、たれとごま油を少し回しかけます。高菜やたくあんなどの漬物をのせるとより本場っぽさがアップ。 ごはんとまぜてかきこめば、鶏肉の旨みが口いっぱいに広がります。骨から身をほぐしやすいので、子どもも安心して食べられそうです。

まるごとどーんとお弁当にも

Photo by muccinpurin

たまにはこんな豪華なお弁当はいかが?朝寝坊した日でも、ご飯さえあればものの3分でこんなに豪華なお弁当が完成。骨が簡単に外せるので、外出先でも手を汚さず食べることができるのもかなりの高ポイントです。 こんな豪華なお弁当なら「毎日朝寝坊して!」なんて思われちゃうかも!?
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS