ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

えび料理は手間がかかる……

Photo by akiharahetta

えびはお弁当のおかずに向いてるし、子供も好きだから作ってあげたいけど、下ごしらえがなにかと面倒……。と、ついついいつも同じ冷凍食品を買ってしまいがちじゃありませんか? その気持ちよ~くわかります!そこで見つけたのが、業務スーパー「えびフリッター」です。ありそうでなかったこちらを使えば、ワンパターンから脱出できるかもしれませんよ。

すでに油で揚げてある!業務スーパーの「えびフリッター」

Photo by akiharahetta

業務スーパー「えびフリッター」429円(税込)
一般的なスーパーにも、えびの半調理冷凍食品はたくさんありますが、フリッターは珍しいのでは?しかも業務スーパーの「えびフリッター」は衣が付いているだけではなく、すでに油で揚げてある冷凍食品になります。 だから調理も簡単!軽く温めるだけでいいんです。忙しい朝のお弁当作りにも役立ちそうですよ。

Photo by akiharahetta

内容量は300gで個数にすると30~36尾。業務スーパーにしては小さめなサイズの商品なので、中身も少ないかと思いましたが、そんなことはありませんでした。なかなかの個数が入っています。

温め方は……?

Photo by akiharahetta

パッケージ裏面に温め方によると、「揚げ」「フライパン」「電子レンジ」3つの方法があり、どれもかなり短時間です。とくに電子レンジは、ラップなしで手軽なうえにゴミが出なくて嬉しいですよね。

「レンジ」と「油で揚げる」で食べ比べ

Photo by akiharahetta

それでは、温め方がわかったところで「電子レンジ」と「揚げ」で食べ比べをしてみましょう。向かって左手が「電子レンジ」右手が「揚げ」になります。ひと目で色の違いがよくわかりますよね。

揚げるとカリっ!サク!

Photo by akiharahetta

まずはきれいなきつね色の「揚げ」から実食。サクサクとした食感で衣が香ばしく、おつまみ向きの仕上がり。スナックのような感じです。 おかずというよりは、フライドポテトやナゲット感覚でそのまま食べるのがいいと思います。カリっとした歯ごたえは、揚げ物ならではのおいしさ全開ですよ。

レンチンでふわっふわ

Photo by akiharahetta

續いて「電子レンジ」ですが、衣がやわらかくちょっと心配……。このたよりなさはフリッターとしてどうなのでしょうか? ところが食べてびっくり!衣はふわふわでとてもおいしく、えびの風味や歯ごたえもしっかり感じられます。やさしい味わいなので、アレンジするのにもちょうどいいでしょう。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS