京都「カシヤ」の和洋折衷アイデア和菓子が話題!

和と洋の絶妙なコラボが楽しめるという新感覚のお菓子店「カシヤ(kashiya)」は、京都の有名観光地のひとつ、鴨川から東に進んだ二条通沿いにあります。有名シェフが作る和菓子は京都を訪れたら、ぜひ味わいたいと評判のようです。

和洋折衷のアイデア和菓子「カシヤ(kashiya)」

和と洋の絶妙なコラボが楽しめるという新感覚のお菓子店「カシヤ(kashiya)」は、京都の有名観光地のひとつ、鴨川から東に進んだ二条通沿いにあります。観光がてら京都を訪れたら、ぜひ味わいたいお店と評判のようです。
オーナーは名店「亀屋良長」で和菓子と洋菓子のコラボレーションスイーツをプロデュースしていたという実力者。業界ではこのお店に期待が高まっているそうです。
実は、このお店は、9月12日にオープンしたばかり。にもかかわらず、お菓子好きの間では、すでに大評判。というのは、フランスの2つ星レストランで、シェフパティシエを務めた藤田怜美(ふじたさとみ)さんが、帰国後、1803年創業の「京菓子司 亀屋良長」で和菓子を学び、ついに開いた待望のお店だから…。いったいどんなお菓子が食べられるか、興味惹かれます。

出典: ourage.jp

趣のあるカフェ

店内は、京都らしい古い町家の趣を残しつつもなんだか近代的な雰囲気。シンプルな椅子やテーブルが設えられたおしゃれなカフェにうまくまとまっています。
中庭もあり、落ち着いた京町家の情緒に浸りながら、ほっとくつろぐ人たちが多いそうです。

和栗のモンブラン

出典:www.instagram.com

和栗のモンブラン

栗が贅沢に使われたモンブランは特に人気だそう。焼きメレンゲの土台に栗の濃厚なクリームがたっぷりのっています。口の中に、上品な甘さと栗の風味が広がり、ほっとするような味だとか!
和の素材とフランスで培われたパティシエの技、まさに京都とパリの文化が、口の中で溶け合うよう…。洗練された良質な味が、また京都に新たに登場しました。

出典: ourage.jp

KARUKAN(軽羹とフルーツ)

KARUKAN(軽羹とフルーツ)はビスキュイの替わりにレモン風味の軽羹が使われているのが特徴です。フランボワーズ、牛乳と生クリームの粒アイス、そして無花果と赤ワインのソースで全体をキレイにまとめた味わいになっているそう。
もちもちとも、ねっとりともしながら、爽やかな味わいの軽羹とチーズのこっくりした旨味に凍ってほんの少し固いシャリシャリとした食感が絶妙に混ざり合い、ほぼ同時に口の中から消えて行きます。

出典: ameblo.jp

うう、この感想はとてもわかりすいですね。絶妙なハーモニーを奏でるわけですね。おいしそうです。

あんみつ

寒天に白玉、水ようかん、アイス、ライチなどがキレイに盛り付けられています。あんみつなのになんだか違うものに見えますね♪

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう