離乳食でかわいく作る♪ ハーフバースデーケーキのおすすめレシピ&デコ

生後半年をお祝いするハーフバースデー。赤ちゃんも一緒に楽しめるケーキがあったらうれしいですよね。ハーフバースデーは半年間頑張ってきたパパやママにとってもひとつの節目。そんな日に食べさせてあげたい離乳食ケーキのレシピや、思い出に残るデコレーションアイデアをご紹介します。

2019年7月18日 更新

ハーフバースデーケーキって?赤ちゃんはどんなものが食べられる?

トッパーとイチゴが乗ったケーキ

Photo by Snapmart

生後半年を祝うハーフバースデーは、ちょうど離乳食開始直後。このころの赤ちゃんでも食べられるよう作ってあげるケーキが「ハーフバースデーケーキ」です。

6か月ごろの赤ちゃんはものを飲み込む練習をしている「ゴックン期」。このため、食材はなめらかにすりつぶしてあげる必要があります。

また、使う材料も消化しやすいものを選びましょう。米やパン、野菜類がおすすめですが、個人差があるので赤ちゃんの発育に合わせて選んでくださいね。

ゴックン期でもOK!ハーフバースデーケーキのレシピ5選

1. 冷凍するだけ!かわいいお花のおかゆケーキ

おかゆとニンジンのペーストを重ねて冷凍し、花形に固めています。離乳食はおかゆから始めるので、これならほとんどの赤ちゃんが食べることができますね。素材ふたつでシンプルながら、ニンジンのオレンジ色がとってもかわいいレシピです。

2. いろどり野菜ペーストでカラフルケーキ

土台部分は基本のおかゆとニンジンペーストを使用し、トップにはトマトとほうれん草のペーストを添えてカラフルにしています。食べられる食材が少し増えた赤ちゃんにおすすめです。

3. ニンジン&さつまいもペーストで お祝いプレート

ニンジンとさつまいものペースト、そしておかゆを使って彩りよく盛りつけています。クッキー型を使って赤ちゃんが喜んでくれそうなかわいいひと皿に仕上がっていますね。型を変えればお好みでいろいろなアレンジができますよ。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

haruhi0921

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう