並ぶ価値あり!京都・嵐山『鯛匠はなな』の鯛茶漬け御膳が絶品

京都の嵐山にある「鯛匠HANANA (たいしょうはなな)」はランチには行列ができる人気店。テレビで紹介されることもあり、鯛茶漬け御膳は観光客にも大人気だそうです。世界遺産の天龍寺、竹林の小道などにも近いのがうれしいポイントですね。

京都のランチ行列店「鯛匠HANANA」

京都でも観光地として名高い嵐山。そのメインストリートに店を構える「鯛匠HANANA(たいしょうはなな)」は、鯛茶漬けが有名。ランチタイムには鯛茶漬けのランチを目当てに行列ができるほどだそうです。
店の外観は町屋をイメージしたような京都らしい純和風。中庭は竹林の路地が続いていて、趣があって古都を体感しながら店内へ入ることができます。客層は観光客が中心ですが、地元の人が特別な時を過ごすときにも重宝されているそう。

店内にも和の上品な演出が

店内は外観にも負けず劣らずな和の上品な演出がところどころに感じ取れるとか。秋にはカウンター席から紅葉が見えたりと、ゆったりとした空間で嵐山の四季を感じながら料理を楽しむことができそうです。器には有田焼を使用するなど、お料理以外のところでも一切の妥協していないとか。

大人気の「鯛茶漬け御膳」

ごまだれと鯛の刺身の相性が抜群だという大人気の「鯛茶漬け御膳」は、盛られた真鯛の薄造りに見とれてしまうほど美しい。他には、煮こごりなど鯛の一品、京野菜の煮物、香の物、甘味がついている贅沢なメニュー。食べ方にもちょっとしたこだわりがあるそうです!

おすすめの食し方

まず、自家製ごまだれに薬味を加えて刺身をつけてひと口食べ、鯛本来の味を楽しみます。秘伝のごまだれが活きのいい鯛を一層引き立てるんだとか!
次にごまだれをしっかりからめた鯛とこだわりのアツアツご飯を一緒に食べます。温かいご飯が鯛の旨みとたれの香りを引き立て、なんとも言えないハーモニー♪
そして最後は、残りの鯛をごまだれとご飯にのせ、ごまをふりかけて堪能したら、仕上げは薄めに淹れた宇治の誇る日本煎茶を注いでさらさらとお茶漬けでいただきます。ご飯はおかわり自由なので、思う存分楽しめそうです。
市場より毎日直送される朝〆鯛をお刺身に。秘伝の胡麻ダレで食す。お刺みでもお茶漬けでも美味しくお召し上がりいただけるよう、切り方や薄さにもこだわりました。最後はご飯の上にのせ、お茶漬けにしてお召し上がり下さい

出典: hanana-kyoto.com

鯛西京焼御膳

真鯛の西京焼きはオリジナルの味噌床に付け込んだ逸品です。カリッと焼かれた皮までおいしい上品な魚に甘みと深みのある味噌の香りが絡むんだとか!

京の生け花サラダと真鯛と九条ねぎのパスタ

特集

SPECIAL CONTENTS