魚介入りペレーご飯(税抜1,800円)

こちらのお店でとくに人気なメニューが「魚介入りペレーご飯(1,800円)」です。現地の料理名は「アロス・コン・マリスコス」といい、チャーハンのようなものです。 新鮮な魚介の出汁を吸ったお米はひと口食べると夢中になるおいしさなのだとか。たっぷりの魚介類が入っている豪華さも人気の秘密で、来店する方の多くが頼む鉄板メニューです。

店舗情報

3. ペルー人が営む明るいお店「アルコイリス」

五反田駅から徒歩数分、赤い看板が目印のペルー料理店です。平日のランチタイムは近くにお勤めの方で常ににぎわい、ペルーの国旗が掲げられている明るい店内が楽しい気分にさせてくれます。 メニューは豊富で思わずどれにしようか迷ってしまうほど。どれもペルーから取り寄せた食材を使っているので、気軽に現地の味を楽しめますよ。

ウアンカイナ

900円(税込)
ジャガイモのホクホク食感とコクのあるチーズのソースが相性ばつぐん。ちょっとだけ感じる唐辛子の辛さもアクセントになり、やみつきになるおいしさです。 とろけるような食感も食べていて楽しく、濃厚なのにさっぱりとした味付けが日本人でも食べやすいとお店でも人気のメニューです。

店舗情報

4. お手頃価格でお腹いっぱい食べるなら「ミスキー」

八王子駅からほど近くにある「MISKY(ミスキー)」は広々とした店内で、ペルー料理をお腹いっぱい楽しめるお店。なんといってもお値段がリーズナブルで品数も豊富。 店内には写真つきのメニューが貼ってあるので、ペルー料理がわからない人でも安心です。コース料理も充実しているので、大人数での利用やデートに使うのもおすすめ♪
Photos:13枚
ペルー料理をのせた2種類のプレートが映っている画像
串に刺さった肉を焼いたアンティクーチョ2本、奥には別の串焼きの器が映っている
紫玉ねぎ、魚介類で作ったマリネ
細切りの牛肉、フライドポテト、トマトなどの炒め物、上にパクチーをトッピング
輪切りにしたレモンをグラスに刺してある乳白色のカクテル、ピスコサワー
シックな店内画像、手前に丸テーブル、奥に角テーブル
イカやホタテ、紫玉ねぎを使ったセビチェ、上にイクラものっている
窓にペルーの国旗がかけてあり、南米系の模様が入ったテーブルクロスがかけられたテーブルが数台ある店内
黄色いソースがたっぷりかかって、半分に切ったゆでたまごがのせられたウアンカイナ
赤いテーブルクロスがかかっているテーブルのある店内
串に牛ハツが3切れ刺さっているアンティクチョス3本がのったプレート、奥に3種類のソース
白い壁面の店内に茶色のテーブルが並んでいる店内
紫玉ねぎ、魚介類を使ったセヴィーチェ、プレートのフチに飾りつけされている
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ