おすすめのペルー料理7選。東京で味わえるお店もチェック!

ペルーの料理と聞いてみなさん何か思い浮かぶものはありますか? あまり知られてはいませんが、実はペルーは「世界で最も美食を楽しめる国」として5年連続最優秀賞を受賞した美食大国! そんな絶品ペルー料理のおすすめと、東京でペルー料理を楽しめるお店をご紹介します。

2019年6月27日 更新

ペルー料理の特徴

ペルー料理をのせた2種類のプレートが映っている画像

Photo by Snapmart

南米に位置するペルーは太平洋に面していることから、新鮮な魚介類が豊富にとれる国。ペルー全土では魚介類を使った料理が広く親しまれていますが、ちょっと奥地に行くと野菜を使った料理もたくさん楽しめます。

気になる味付けはレモンやライムを使ったさっぱりしたものから、魚介の出汁を効かせた旨味たっぷりなものまでバリエーション豊富。ソースがかかったような味の濃いものは少なく、日本人だけでなく世界中の人が親しみやすい味なのが特徴です。

おすすめのペルー料理7選

1. アンティクーチョ

ペルーの国民食ともいえるアンティクーチョ。ニンニクベースのタレに漬けこんだ牛ハツを串に刺したワイルドなお料理です。

バーベキューみたいにこんがり焼くので香ばしい匂いが鼻をくすぐり、お好みでつけるチリソースとの相性もばっちり♪ ペルーでは屋台などでも売られています。

2. セビッチェ

白身魚やタコ、エビ、貝類といった魚介類にレモンやライムを絞ったマリネ料理です。紫玉ねぎも一緒にマリネするのでとてもさっぱりとしており、前菜やサラダ感覚で食べられているそう。

トマトやサーモンなど、お店や家庭によっていろいろな食材を使っているのも特徴です。

3. ロモ・サルタード

ロモ・サルタードは牛肉、フライドポテト、トマト、玉ねぎを炒めた料理です。醤油で味付けをするので日本の方でも親しみやすいひと品。

牛肉とフライドポテトとボリュームも満点で、白いご飯と一緒に食べると大満足間違いなしのペルーの定番おかずです。

4. パパ・ア・ラ・ワンカイーナ

きれいな黄色いソースが目を引くこちらの料理は、じゃがいもにチーズと唐辛子などで作ったソースをかけたもの。使う唐辛子が黄色のものなので、このような鮮やかな黄色いソースになるんです。

コクのあるほっくりとした味わいに、唐辛子のキレが絶妙にマッチした前菜のようなひと品です。

5. アロス・コン・マリスコス

おつぎはご飯ものをご紹介。魚介類を使ったチャーハンやピラフのような料理で、おもにペルーの沿岸地方で親しまれています。ひと口食べると口いっぱいに魚介の旨味が広がり、日本人でもかならずおいしいと思う味ですよ。

使う魚介に決まりはないので、わたしたちが家庭で作るチャーハンと似ていますね。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

camel6808

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう