6. チュペ・デ・カマロネス

エビや野菜などをトマトスープで煮こんだ、旨味たっぷりのチュペ・デ・カマロネス。とくにペルーの南岸地域で親しまれている料理で、エビ好きさんにはぜひおすすめしたい料理です。 たっぷり具材が入っているから食べごたえもありますよ。

7. ピスコサワー

最後はアルコールをひとつご紹介します。ピスコサワーはカクテルのひとつで、ぶどうの蒸留酒、ピスコがベースになっています。卵白とレモン、砂糖を合わせた濃厚なカクテルで、ペルーではどこのお店に行っても飲めるくらいにメジャーなお酒です。

東京でも味わえる!ペルー料理のおすすめ店5選

1. 都内屈指のペルー料理専門店「ベポカ」

洗練された店内でペルーの伝統と本格的な味を楽しめると注目されている「bepocah(ベポカ)」。まるでペルーに来たかのようなおしゃれな店内には、バーカウンターや大テーブルなど、さまざまなシーンで使える席が用意されています。 新鮮な魚介類や野菜をふんだんに使ったひと皿を、すてきな空間で堪能できるお店です。

セビチェ

ペルー出身のシェフが見極めた鮮魚のみを使って作られたセビチェはお店でもイチオシのメニューです。ホタテやタコ、イカ、イクラなど、ふんだんに使った魚介にやさしい酸味がまとい、さっぱりとしつつもしっかりとした旨味が。 スパイスの香りもふわっと広がり、上品さあふれるひと品です。

店舗情報

2. 祐天寺の隠れ家的お店「エル・セビチェロ」

まだオープンして間もないにも関わらず、多くの食通をうならせてきたのが「エル・セビチェロ」です。とくに魚介のマリネ、セビッチェに力を入れており、いろいろなセビッチェを楽しめます。 ほかにもひと品ひと品丁寧に作られたメニューが並び、肉料理や野菜料理、ご飯ものまでバリエーションも豊富です。
Photos:13枚
ペルー料理をのせた2種類のプレートが映っている画像
串に刺さった肉を焼いたアンティクーチョ2本、奥には別の串焼きの器が映っている
紫玉ねぎ、魚介類で作ったマリネ
細切りの牛肉、フライドポテト、トマトなどの炒め物、上にパクチーをトッピング
輪切りにしたレモンをグラスに刺してある乳白色のカクテル、ピスコサワー
シックな店内画像、手前に丸テーブル、奥に角テーブル
イカやホタテ、紫玉ねぎを使ったセビチェ、上にイクラものっている
窓にペルーの国旗がかけてあり、南米系の模様が入ったテーブルクロスがかけられたテーブルが数台ある店内
黄色いソースがたっぷりかかって、半分に切ったゆでたまごがのせられたウアンカイナ
赤いテーブルクロスがかかっているテーブルのある店内
串に牛ハツが3切れ刺さっているアンティクチョス3本がのったプレート、奥に3種類のソース
白い壁面の店内に茶色のテーブルが並んでいる店内
紫玉ねぎ、魚介類を使ったセヴィーチェ、プレートのフチに飾りつけされている
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ