ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

遊牧民の食文化が影響する「モンゴル料理」

Photo by Snapmart

伝統料理の「赤い食べ物」と「白い食べ物」

モンゴルの伝統料理はソビエト連邦時代のロシア、東ヨーロッパ、中国からの影響を受けています。 遊牧民であるモンゴル民族は「赤い食べ物」と呼ばれる肉料理を冬に、「白い食べ物」と呼ばれる乳製品を夏に食べています。主食は小麦や米で、肉が主食並みに食べられています。 赤い食べ物である肉料理は羊肉が中心で、ゆでたり煮たり、蒸したりして食べられます。一部焼く料理もありますが生で食べることはなく、香辛料を使わないのが特徴です。 白い食べ物である乳製品は、加熱や発酵など加工して食べられ、生乳を飲むことはまれです。クリーム状のものや固形状のものなど、たくさんの加工品の種類があります。

【赤い食べ物】モンゴルの肉料理

1. チャナサン・マフ

Photo by Snapmart

「赤い食べ物」である羊の肉がよく食べられていますが、モンゴルではかたまりの肉を食べるのが好まれます。こちらは骨付きの羊の肉を塩ゆでにしたものです。夜ごはんの定番で、ナイフで削りながらタレを付けて食べます。

2. ショルログ

モンゴルは羊肉を煮たり蒸した料理が多いですが、ショルログと呼ばれるラム肉の串焼きもあります。こちらはモンゴル料理には珍しくスパイスが効いていてピリ辛で、くさみなどはなく食べやすいです。

3. 羊の肉のスープ

Photo by Snapmart

羊肉をよく食べるモンゴルでは、羊を使ってだしを取ったスープがよく飲まれています。「ゴリルタイ・ショル」と呼ばれる羊肉とうどんのような麺が入ったスープもよく食べられています。

【白い食べ物】モンゴルの乳料理3選

4. スーテイ・ボダー

モンゴルではご飯にミルクを入れたおじやのような「ミルクご飯」があり、朝食などで食べられている家庭料理です。砂糖が入っていて甘く仕上げています。
Photos:8枚
たれと盛り付けられたゆでた骨付きの羊肉
黒い器に盛られた羊の串焼きショルログ
黒い器に入った羊肉でだしを取ったスープ
ガラスの器に入ったミルクティ
モンゴル風蒸し餃子、ポーズ
白い皿に盛られた揚げ餃子ホーショル
皿に盛られたモンゴル風焼きうどん、ツォイバン
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS