ライター : emi_

お料理を作るのはもちろん食べることも大好きです。仕事柄、地方に行くことが多いので、おいしいものはないかな?といつも探しています。趣味はわんこと公園で昼寝。たき火。皆さんにお…もっとみる

プリンスメロンとはその特徴をチェック

メロンと聞くと高級フルーツで、網目模様があるメロンを連想する人が多いと思いますが、マスクメロンは、ツルっとした表面のノーネットメロンの品種です。 「ニューメロン」と赤肉種のマスクメロン「シャランテメロン」を交配し昭和37年、皇太子様のご成婚にちなんで「プリンスメロン」は誕生しました。 メロン=高級というイメージがありますが、プリンスメロンはお手頃価格!その登場は画期的でした。一般家庭でもおいしく食べることができると大人気になりました。

プリンスメロンの特徴は?

一番の特徴は、メロン特有の網目模様がないというところでしょう。ツルッとした表面は、マクワウリに似ており、メロンとしての大きさもやや小ぶりです。 メロン特有の香りがよく、甘みも強くジューシー。こぼれ落ちるような果汁と、とろけるような口あたりが人気のメロンです。

プリンスメロンのおもな産地・旬は?

プリンスメロンのおもな産地

プリンスメロンは、日本全国で生産されていたのですが、現在は九州の熊本県が全国シェアNo.1!ほかにも、北海道、山形県、福井県、茨城県などでも生産されています。

プリンスメロンの旬

2月〜3月に見かけることもあるプリンスメロンですが、初夏の果物として有名ですよね。全体的なピークは4月下旬から6月いっぱいまで。 福井県は、5月から出回り始めます。山形県は6月上旬〜7月までと地域によって旬の時期も若干変わります。

プリンスメロンの食べ頃は?おいしく食べるための保存方法

プリンスメロンの食べ頃

プリンスメロンを選ぶときは、表面に傷が少ないものを選びましょう。プリンスメロンは食べごろになると香りがどんどん強くなります。 食べごろは2〜3日程度です。食べごろをすぎると追熟といい、なかから発酵していくので注意してくださいね。

おいしく食べるための保存方法

プリンスメロンは、基本的に暑い場所で育つ果物です。購入したあと、まだ食べごろでないと感じた場合は、室温で保存してください。 冷蔵庫で冷やすと、逆に味を落とす可能性があります。食べる直前、2〜3時間程度、冷蔵庫で冷やしてください。その場合、プリンスメロンをラップに包んで冷やすとみずみずしさを保つことができます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS