話題の「ギャング丼」はレアステーキの花が咲いたようなインパクト♩

ハワイアンレストラン「アロハオレンジ」の名物ギャング丼はまるで丼ぶりにレアステーキの花が咲いたような迫力の一品だそうです!他県からもお客さんがくるほど大人気だとか。このボリュームはまさに圧巻ですね。

2017年11月28日 更新

ここにもあった!肉の花!ギャング丼とは…?

人生の丼モノの中でNo.1とまで言わせる「ギャング丼」というものがあるらしいです…!武蔵小山のがぶもそうですが、こちらも気になりますね…。

これが「ギャング丼」!

どどどどどどん!こちらがギャング丼です!
こちら名物の「ギャング丼」!丼にお肉の花が咲いたような、ボリューミーな一品です。アレンジも豊富で、大人気だそうです。

サイズも選べる♪

サイズはチビ・ノーマル・デカの3種類。大根おろしや醤油と一緒に召し上がってみて下さい♪
チビでもボリュームは十分♪これなら女性でも食べきれそうです。

ハーフ&ハーフもできる♪

レアと炙りでのハーフ&ハーフもできる。これは嬉しい!

ハワイアンレストラン「アロハオレンジ」の名物!

「瀬戸内のハワイ」というキャッチコピーを掲げる周防大島のアロハオレンジでは、姉妹島であるカウアイ島のローカルな味を忠実に再現するために、調理方法に加えて、調味料もハワイから取り寄せるというこだわり。
お肉を使った料理へのこだわりが強く、それを象徴するのが、名物の「ギャング丼」です。

食べた人の感想は…

1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS