生地がモッチモチ!「成城石井の冷凍ピザ」は指名買いしたいおいしさ

国内・海外の厳選されたグルメ食材がそろう成城石井。冷凍コーナーの充実ぶりも見逃せません。今回のピザはそんな成城石井の冷凍コーナーで見つけたひと品です。成城石井オリジナルの商品だそうですよ。実食レポート形式でお送りしますので、ぜひ楽しんでくださいね。

2019年3月25日 更新

成城石井の冷凍庫はおいしさの宝庫

焼きたてのマルゲリータ

Photo by akiharahetta

熱々の焼きたてピザはチーズがトロっとして最高ですよね!今回はおうちで食べられる本格的なピザをご紹介します。モチモチの生地がたまらないと評判の「成城石井オリジナル冷凍ピザ」は、こだわりがいっぱいつまった1枚です。

おいしさの宝庫とも言われる成城石井の冷凍コーナーからお届けいたします。

こだわりたっぷりのマルゲリータ

どんな商品?

パッケージ入りの冷凍ピザ

Photo by akiharahetta

モッツァレラ2倍のピッツァマルゲリータ599円(税抜)

オリジナル冷凍ピザの種類は全部で3つ。「ピッツァマルゲリータ」「クワトロフォルマッジ」「ソーセージのピッツァ」です。なかでも売り場の広さが2倍あり、人気があるのでは?と思われる「ピッツァマルゲリータ」をチョイスしました。

直径は約22cmとしっかり大きめサイズです。1人で食べるならたっぷり。サラダなと一緒なら2人前といったところでしょうか。

こだわりポイントは?

冷凍ピザのパッケージ

Photo by akiharahetta

材料へのこだわりが感じられる「ピッツァマルゲリータ」ですが、なかでもチーズへのこだわりがひときわ光ります。糸引きのよいイタリア産モッツァレラチーズに、24か月熟成パルミジャーノ・レジャーノ。おいしい予感しかしないこだわりがプンプンなんです。

モッツァレラチーズの量がすごい

焼く前の冷凍ピザ

Photo by akiharahetta

しかもモッツァレラチーズの量は2倍!とのことで、厚めのモッツァレラスライスが6枚のっています。トマトソースもたっぷりですね。このボリューム感伝わりますか?

それでは実食してみましょう!

まず解凍します

冷凍ピザのパッケージ裏面

Photo by akiharahetta

焼く前の下準備として、まず解凍をします。室温で約1~2時間、冷蔵庫ならば約8時間。休日の朝食やブランチに食べるなら、寝る前に冷蔵庫に移しておくとちょうどいい計算です。

250℃のオーブンで7分焼きます

焼きたてのマルゲリータ

Photo by akiharahetta

直径が22cmあるのでオーブンで焼くことにしました。250℃に設定して予熱開始です。オーブントースターで焼く場合は半分にカットするといいようですよ。

天板に耐油紙を敷いて、高温で7分焼きましょう。もしもっと温度を上げられるオーブンや、ピザ用モードが搭載されたオーブンをお持ちでしたら、ぜひ活用してください。ピザは高温で焼くのがおいしく食べるコツです。

カットしていただきます!

焼きたてのマルゲリータピザを持ち上げたところ

Photo by akiharahetta

高温で焼くとしっかり焼き目がつきます。チーズはところどころ焦げています。熱々焼きたてをピザカッターでカットしていただきました。

まず中心部はたっぷりのトマトソースでしっかり濃いめの味です。次にモッツァレラチーズのミルキーな味が広がり、最後に生地のモチモチ感が続きます。

2倍のモッツァレラチーズもおいしいのですが驚いたのは生地。とにかくモッチモチなんです!びっくりのおいしさで、もっと耳の部分があってもいいほどでした。

リベイクしてみると……

焼きたてのマルゲリータピザを切り分けたところ

Photo by akiharahetta

半分取り置き、冷めてからリベイクしてみました。するとなぜか、焼きたてよりもさらに生地のもっちり感がUPしました。これにはびっくり!温めなおした方がおいしいかもしれません……。

特集

SPECIAL CONTENTS