見た目だけじゃない。カルディ「バターガレット」は褒められ手土産にぴったり

今回ご紹介するのは、カルディの「グーリブール バターガレット」。数ある輸入菓子のなかで、店頭で見かけた瞬間からこれほどときめいたアイテムは初めてです。洗練されたパッケージに心を奪われ、おのずと味にも期待が膨らみます…!

2019年3月18日 更新

カルディで大注目「グーリブール バターガレット」。

ガレットのパッケージ

Photo by muccinpurin

海外輸入菓子の宝庫・カルディの人気菓子のなかから、今回ご紹介するのは「グーリブール バターガレット」。

フランスらしいおしゃれなパッケージだけでなく、現地直輸入だけあって、味も本格派らしいんです。見た目だけじゃなくて中身もちゃんとおいしいなんて、こんなに理想的なアイテムはないですよね。ということで、さっそくお味を試してみました♪

フランス生まれの丸いお菓子・ガレット

ガレットのパッケージ

Photo by muccinpurin

「グーリブール バターガレット」348円(税込)

フランスにはガレットと呼ばれるお菓子がいくつか存在します。公現節に食べられるアーモンドクリームが入ったパイ「ガレット・デ・ロワ」、さらにそば粉を使ったクレープもガレットと呼ばれます。そしてもうひとつ代表的なガレットが、今回ご紹介する「ガレット ブルトンヌ」です。

見た目も味も違うのに、ガレットというお菓子がいくつも存在するのは、その形に秘密があります。ガレットと呼ばれるお菓子の共通点は、どれも丸であること。「ガレット」とはフランスで “丸く薄いもの” を指しているんです。
ふたを開けたガレットのパッケージ

Photo by muccinpurin

ガレットブルトンヌは、バターの一大産地として知られるブルターニュ地方で生まれた「ブルターニュ風ガレット」という意味。グーリブールのバターガレットも、パッケージを開けた瞬間、ふわっとバターが香ります♪

焼菓子ってどうしてこんなに幸せな香りがするんでしょう。バターと砂糖が焼けた甘い香りだけで癒されますよね。
皿の上に重なったガレット

Photo by muccinpurin

全体的に焼き色が薄い、美白なガレットが5枚入っています。ちょっとしたブレイクタイムにはちょうどいい量ですね♪

そして特筆すべきは、このグーリブールガレット、保存料・着色料不使用なんです。原材料表示を見ても、「小麦粉・バター・砂糖・卵・食塩」とまるで家でお菓子を焼くような見たことのある材料ばかり。ほかの材料は一切使っていないんです。これは安心して食べられますね。

ザクザクとした食べ応え!

割ったガレットを手で持つ

Photo by muccinpurin

まずは割ってサクサク感の確認を。ザクザクと少し固く、しっかりとした焼き上がりです。

粉の種類やバターの量、さらに生地の捏ね方など、クッキーの食感を決める要素はたくさんあります。それらを変えることによって「ほろほろ」「ザクザク」はたまた「しっとり」などいろいろなクッキーが生まれるんです。

そのなかでもグーリブールのバターガレットは、ザクザクに近い固めの食感。ほどよい食感が、食べていて心地いい感じがします。
皿にのったガレット

Photo by muccinpurin

あまり色づかない程度に焼いているので、バターと粉の香りをしっかりと感じるのも特徴でしょう。しみじみおいしいという表現がしっくりきます。時折感じる塩味も、クッキーのやさしい甘さを挽きたてています。

シンプルな材料のお菓子こそ、組み合わせがむずかしいと思うんですが、どれも絶妙なバランス。

ザクザクと少し固めの食感ながら、薄めに伸ばすことでとても食べやすく、あっという間に5枚食べきってしまいました。

自分へのご褒美やギフトにぴったり!

ガレットのパッケージと皿に並べたガレット

Photo by muccinpurin

はじめこそパケ買いだった「グーリブール バターガレット」ですが、その本格的な風味と絶妙な食感に、食べ終わるころにはすっかり虜になっていました。

同シリーズからレモンやココア風味も出ているので、こちらもチェック必須ですね!

商品情報

■商品名:グーリブール バターガレット チューブミニ
■内容量:50g
■価格:348円(税込)
■原産国:フランス
■カロリー:100gあたり513kcal

特集

FEATURE CONTENTS