最初の一台に♪ ストウブ(STAUB)「ココット」の特徴&失敗しない選び方

見た目がかわいくて機能的な「ストウブ(STAUB)」のお鍋。今までのお料理を少しだけランクアップさせたいときや、テーブルにそのまま出してもおしゃれなお鍋を探している人におすすめ。種類豊富なストウブのお鍋。一体どんな基準で選ぶといいのでしょうか?

2019年3月26日 更新

大定番!ストウブ「ピコ・ココット」とは

ストウブで炊かれたグリンピースごはん

Photo by Snapmart

ストウブ(STAUB)といえば、鋳物ホーロー鍋の「ピコ・ココット」が定番です。本場フランスでは、家庭のキッチンから一流レストランの厨房でも使用されているマスト・アイテム。

無水調理が可能で、熱伝導性がいい鋳物ホーロー素材。また、ラウンドとオーバルといった形が異なるデザインがあることから、お料理の幅も広げられるアイテムです。

カラバリの多さも魅力のひとつ

ストウブのカラーバリエーションは、シンプルな4色と深みを持たせたマジョリカカラーの3色からなる7色があります。

ちょっと聞き慣れないマジョリカカラーは、表面を滑らかにし、光沢を持たせるコーティングをおこなうことで、深みのある色合いになったシリーズです。

ピコ・ココット「ラウンド」

お鍋らしいベーシックで美しいラウンドのフォルムが人気のラウンド型のココット。10cm、14cm、16cm、10cm、22cmなど、サイズも豊富。煮物や炊飯、無水調理、焼く、炒める、蒸す、揚げるなど、どんなお料理や調理法にも対応する、まさにオールランダーなひと品です。

サイズの種類と選び方

メインのおかずに使う場合

ラウンドの場合、メインディッシュにはトマトが3個入る20cmから、鶏胸肉2枚を一気に調理できる22cmのラウンド型がおすすめ!大勢で集まったときの焼き物や煮物を一気においしく仕上げることができるサイズです。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう