コンビニだけじゃない。成城石井やネットでマニアが買っている梅お菓子9選

コンビニでよく見かける梅のお菓子。「見かけたらつい買ってしまう!」という根強いファンも多く、大人から子供まで大人気のお菓子です。そこで今回は、パッケージが可愛いもの、本物に近い風味のもの、変わった形状のものなど、コンビニでは見かけない本格梅お菓子をご紹介します。

2019年3月1日 更新

6. 梅干し純

ITEM

【まとめ買い】アサヒグループ食品 梅ぼし純 24粒×3個

¥746 ※2019年02月28日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

種をとったしそ入りの梅干しをフリーズドライにしておいしさを閉じ込め、食べやすく持ち運びやすいタブレット状になった「梅干し純」。昔見たことがあるようなパッケージです。 余計なものは加えず、梅の味をそのままダイレクトに感じられるように作られており、タブレット2粒で梅1つに相当するほど。とにかく梅感が強いので、梅干し好きはぜひ試してみてください。

7. 種なしまろやか干し梅

1400円(税込)
個包装のたくさん入ったお菓子、祖母の家にひとつはありましたよね……!「まろやか干し梅」は種も取り除かれていてやわらかいので、お年寄りやお子様でも食べやすいんです。干し梅の、さらっとした口当たりと梅のジューシーさが味わえます。 300gという大容量サイズなので、家族やお友達とシェアするのにもぴったり。外でスポーツをする際の栄養補給にも便利です。

シートでも飴でもない。珍しい形状2選

8. 手巻納豆梅味

納豆と梅は、どちらも和の食材なので相性が抜群。「手巻納豆梅味」に使われている納豆と梅はどちらも国産もので、安心して子供に食べさせることができます。 納豆を海苔でぐるっと包んだようなかわいらしい見た目で、ちょっとしたお茶会や、お年を召したかたへの手土産にするのも良いかも♪

9. 男梅ゼリー

男梅といえば、干し梅、飴、タブレット、グミ、ラムネなど、いろいろな形状で展開している有名なシリーズ。一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。 今回注目したいのが、一風変わったゼリータイプ。国産しそ梅酢と梅肉ペーストが使われており、濃厚で梅の味が強いのが特徴です。パンチのある味とゼリーのやわらかい食感のギャップが楽しい一品。

梅お菓子でひと足お先に春を感じて

春を象徴する花といえば桜のイメージが強いですが、梅も負けていません。梅味のお菓子は毎年たくさんの種類が発売しています。 手軽にコンビニで買えるものだけでなく、成城石井や紀伊国屋のようなスーパーやネット通販など、ぜひいろいろなものを試してお気に入りを見つけてみてくださいね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS