1000円ぽっきり!砂町銀座で「究極のお出汁定食」が完成【商店街定食 vol.2】

1000円で商店街のお惣菜を買い集め、定食を完成させる企画。第2弾の舞台は「砂町銀座商店街」。長い1本道に、TVドラマで話題の揚げ物や、各地から買いに人が集まる噂の炊き込みごはんなど、ここでしか買えない品が並びます。今週末は東京の下町江東区で、食べ歩き&夕飯調達をしてみませんか?

2020年3月8日 更新

ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

心あったまる「究極のお出汁定食」が完成!

Photo by macaroni

今回は、まだ寒さが残る3月にぴったりの定食。 かまぼこ・練り物専門店が手作りする「おでん」と、貝の出汁がこれでもかとごはんに染み込んだ「浅利めし」が主役です。素材からでるお出汁のおいしさは、砂町銀座でしか買えない究極のお味。春のあたたかさを心待ちにしつつ、お出汁のうまさをしみじみと感じてほしい。そんな定食が完成しました。 総額は「1000円」ぽっきりと予算ギリギリ……! 炊きたてのごはんを食べさせてくれたり、お店の歴史をお話してくれたり。人々の優しさとゆったりした空気を味わえる「砂町銀座商店街」は、まさに東京の下町を肌で感じられる場所です。さっそく、お買い物の様子をレポートします。

都営新宿線の西大島駅からバスか徒歩

Photo by macaroni

砂町銀座があるのは東京の江東区。最寄り駅の都営新宿線「西大島駅」からは、歩くと15分ほどかかりますが、A4出口を出てすぐにあるバスを使うと5分ほどで着くので便利。「北砂2丁目」が最寄りです。 地下鉄の半蔵門線「錦糸町」や東西線「東陽町」からもバスが出ているので、詳しくは商店街の公式ホームページをご覧ください。
到着しアーケードから商店街をのぞくと、すらっと長い1本道が続いているのがわかります。今回はどんなお店との出会いがあるのでしょうか。さっそく、定食のおかず集めをスタート!

メインは練り物専門店のおでん

1品目:増英蒲鉾店「おでん」

Photo by macaroni

黒くて渋い店構えにならぶ行列を発見。おでん種専門店と書いてあり、店頭には大きなおでん鍋にたくさんの種類の具材が温められています。お出汁が染み込んだ大根や練り物をみて、今回のメインはおでんに即決です。

Photo by macaroni

種類が多く迷いましたが、今回はみんな大好きな「たまご」、練り物といえばの「はんぺん」、珍しい「カレーボール」をチョイス。 おでんといえば、コンビニでも買えて、どのスーパーにもだいたい具材セットが売っていますよね。日本人にとって身近なソウルフードとも言えるおでんですが、練り物屋がつくる手作りのおでんを食べたことがある人は多くないのではないでしょうか。

Photo by macaroni

濃いめの色をした自家製のお出汁も、袋に入れてくれます。早く食べたい……。

至上最高の炊き込みごはんがここに!

2品目:あさり屋さん「浅利めし」

Photo by macaroni

続いて、特にメニューも出ておらず、あまり商業感を感じない素朴なお店を発見。青いのれんには”あさり屋さん”という文字が書かれています。 店頭に並ぶパックに詰められたごはんをのぞいていると、優しそうな店主のおばあちゃんが炊きたてのごはんが入ったおひつを裏から持ってきました。

Photo by macaroni

ほっかほかの炊きたてごはんに思わずよだれが出そう。商店街の取材をしていると話をすると、おばあちゃんが「食べてみるかい?」と手にごはんを乗せてくれました。 口に入れた瞬間、口の中にあさりの旨みが広がります。あさりだけを噛み締めているかのようなお出汁の濃さ。強いアルコールを口に含んだときのように一気に広がるのでびっくりしました。「浅利めし」を求めてわざわざ砂町銀座に訪れる人もいるそうですが、それも納得のお味。お世辞抜きに、筆者がこれまでに食べた”炊き込み”のごはんで一番おいしいです……。

Photo by macaroni

小パック 300円(税込)
今回は小パックをゲット。お茶碗1杯分ぐらい入っています。 他には、大きな豆が入った赤飯や、あさりのスパゲティ、日によってはあさりを使ったコロッケも出しているそう(出すとすぐに売り切れてしまうんだとか)。多少遠方に住んでいても、このあさり屋さんのお惣菜を買うために砂町銀座へ行きたくなる、そんな価値あるお店です。

あのTVドラマで有名な揚げ物も忘れずに

3品目:手づくりの店さかい「マグロメンチカツ」

Photo by macaroni

続いて、忘れてはならない砂町銀座の名物をゲットするために訪れた、手づくりの店さかい。

Photo by macaroni

ここの「マグロメンチ」は、グルメ系の某テレビドラマで取り上げられ、大人気なんです。

Photo by macaroni

この大きさ、伝わるでしょうか。手のひらくらいあります。 商店街といえば、メンチカツやコロッケなどの揚げ物を手軽に買えるイメージがありますが、マグロを使ったコロッケはめずらしいですよね。買ってすぐその場で食べるのもいいですが、大きくて満足できるので食卓に出してみんなで楽しむのがおすすめです。

家族代々つづく惣菜屋で漬物をゲット

4品目:手づくりのおそうざい染谷「にんじんの漬物」

Photo by macaroni

続いて、お惣菜や漬物が並ぶ染谷に。厚揚げの肉詰めや、店内で漬けているという漬物など、派手さはないけれど食欲をそそるメニューがずらりと並んでいます。こちらでは、定食に彩りをそえてくれる「にんじんの漬物」(100円)を購入しました。

Photo by macaroni

染谷のお惣菜は、家族代々受け継がれてきた味。添加物や保存料は一切使わず作られており、安心して子どもに食べさせることができます。 一から料理をする時間がない日に、安心な家庭の味がリーズナブルに買えるって、本当に助かりますよね。近所にこんなお店がほしい。
Photos:17枚
木のトレーに小鉢を並べた定食
砂町商店街のアーケード
増英蒲鉾店の店構え
おでんを袋に入れる瞬間
おでんの持ち帰り袋
あさり屋さんの店構え
炊きたてのあさりご飯を混ぜる店主のおばあちゃん
浅利めしの小パック
手づくりの店さかいの店構え
マグロメンチのポップ
大きなマグロメンチカツ
おそうざい染谷の店構え
スタッフにお話してくれる店主
惣菜なかふじの店構え
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS