業務スーパー商品でごちそう!「ムールフリット」がパーティーの新定番に

ベルギーを代表する料理「ムールフリット」。鍋一杯のムール貝と、大皿にこれでもかと盛られたフリット(フライドポテト)の組み合わせを楽しめるメニューです。業務スーパーの「殻付きムール貝」を使えば、そんな「ムールフリット」を手軽に味わえますよ♪

2019年2月12日 更新

業務スーパーのムール貝でベルギー名物を再現♪

鍋に入ったムール貝とフリット ワインボトル

Photo by muccinpurin

お得な海外食材の宝庫、業務スーパー。今回はそんな自慢の冷凍アイテムの中から
「殻付きムール貝」をご紹介します。

日本でムール貝といえば、レストランで食べるパエリアやパスタにいくつかのっている程度で、メインとして扱われることはほとんどありませんよね。

そんなムール貝も、ベルギーやフランスでは「ムールフリット」と呼ばれる、ムールをメインとした料理で愛されています。業務スーパーのムール貝を使って、手軽にベルギー名物を味わってみましょう♪

鍋一杯で1人前!? 「ムールフリット」とは

鍋一杯のムール貝

Photo by muccinpurin

ベルギーと聞いて思い浮かぶ食べ物といえば、ワッフルやチョコレート、さらにビールも有名ですね。それらに加えて、現地で愛されているフードのひとつが「ムールフリット」。

鍋一杯のムール貝に、ベルギー人が熱愛するフリット(フライドポテト)が付いてくる、まさにベルギーのソウルフード。隣国・フランスやオランダなど広くヨーロッパで愛されています。

運ばれてきた瞬間、その盛りのよさと、フライドポテト×ムール貝の組み合わせの意外さに、一瞬驚いてしまいます。いざ食べてみるとその相性のよさと食べやすさから、あれよあれよという間に食べきってしまうからまた驚きです。

たっぷり入って290円!

ムール貝のパッケージ

Photo by muccinpurin

「殻付きムール貝」500g 290円(税込)

業務スーパーの「殻付きムール貝」は500g入りで290円(税込)。

パッケージ写真にもあるように、本場ベルギーでは大鍋でどーんと提供されます。

ベルギーの隣国・フランスを訪れた筆者が、初めてムール貝を頼んだときにも、その鍋いっぱいに盛られたムール貝を前に、例に漏れず「これで一人分ですか?」と聞き返したほど。
ムール貝のパッケージ

Photo by muccinpurin

特筆すべきは下処理済であること。ムール貝は海のなかで岩に張り付くために「足糸(そくし)」という、糸のような屑が付いています。これをたわしで取り除くのがかなりの手間。業務スーパーのムール貝は既に足糸を取り除いてあり、そのまま調理できるんです。

さらに、すでに加熱してあるので、電子レンジで温めるだけで食べられるという手軽さがありがたいですね。

氷は捨てないで!

容器に出したムール貝

Photo by muccinpurin

今回は鍋で調理するので、パッケージを開封。すると、ムール貝がゴロゴロと出てきます。数えてみると34個も入っていました。

さらに、白く濁った氷が付いていますが、これが重要。すでに加熱してあるので、この氷は旨みの塊。捨ててしまわないように気を付けましょう。
フレンチフライ

Photo by muccinpurin

「フライドポテト ストレート」211円(税込)

ちなみに今回添えたフリットは、業務スーパーで手に入るベルギー産の「フライドポテト ストレート」。いろいろな種類のフライドポテトを取り扱っていますが、現地でもっとも多いのがこちらのストレートタイプです。

たっぷりと1kg入って211円(税込)とコスパ最高で、大人数が集まるパーティーにも使えそうですね♪
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう