電気ケトルを選ぶならコレ!デザイン&機能別おすすめ10選

お水を入れてボタンを押して沸かすだけ!簡単にお湯を沸かすことができるアイテム「電気ケトル」。コーヒー一杯分から沸かせるので、ひとり暮らしでも使いやすいのがポイントです。最近ではスタイリッシュで機能性豊かな電気ケトルが増えていますが、どんなものを選ぶといいのでしょうか?

2019年2月8日 更新

電気ケトルの選び方のポイント

容量とサイズの目安

さまざまなサイズがある電気ケトル。ひとり暮らしやふたり分の少量を沸かすには、小さなサイズの0.6Lから0.8Lが最適。コーヒーやカップ麺などを作るのに十分な量のお湯を沸かすことができます。また、小さなサイズの電気ケトルには、早く沸かすことができる機能が付いているものもあるので便利!

家族で使う場合は、1回でたくさんの量を沸かせる1L以上の容量が使いやすいですよ♪ 大きな容量の電気ケトルになると、保温機能が付いているものも多いので、多く沸かしすぎても無駄にすることはありません。

機能性の有無

転倒液漏れ防止機能

特に小さなお子さんや、お年寄りがいるご家庭で気をつけたいのが、電気ケトルの転倒。転倒させて中身の熱湯がこぼれてしまうと火傷の可能性も!そんなときにあるとうれしいのが「転倒液漏れ防止機能」という、電気ケトルが倒れても中身が漏れにくいロック機能なんです。

その機能がついた機種を選ぶと、忙しなく働く朝のキッチンでも安心して使うことができそうですね。

空焚き防止機能

最近発売されている電気ケトルにはだいたい付いていると言われる「空焚き防止機能」。電気ケトルの中の水分が少ないときや、入っていないまま沸かしてしまったとき、空焚きを察知したケトルがヒーターへの通電をオフにしてくれます。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう