ライター : macaroni_review

みんなの「気になる」グルメをmacaroni編集部スタッフが実際に食べて、おすすめのものだけ紹介していくmacaroniレビューのアカウントです。新発売のコンビニスイーツや日本初上陸グルメ…もっとみる

「マギー 無添加うどんつゆ」

Photo by macaroni

うどんはだしが命。良いだしでできたつゆがなければおいしくいただくことはできません。そして、だしの出来次第でうどんはどこまでもおいしくなります。すべてはだし、だしに左右されるのです。 そこで注目したいのが、「マギー 無添加うどんつゆ」。お茶の両千家をはじめ、文豪・谷崎潤一郎や歌人・吉井勇など多くの文人墨客に愛され続ける京料理の老舗、たん熊北店の総料理長・栗栖正博氏が監修した本格的なうどんつゆです。2019年1月22日(火)に発売されたばかりですが、手軽に老舗料亭の味を楽しめるとあって話題になりそうな予感です。販売元の担当者によれば、「スーパーなどで市販されているうどんつゆとは全然違う!本当においしいです!」とのことで、かなりクオリティの高い逸品に仕上がっている模様。 いったいどれほどの品なのか……、「関西風」と「関東風」、それぞれの味を確かめてみました。

お湯で溶くだけで本格的なクオリティ

Photo by macaroni

「マギー 無添加うどんつゆ」は、関西風も関東風も粉末タイプ。内容量は48gで、商品1箱に個装(8g)が6袋入っています。塩分はひかえめで、1食分の塩分相当量は2.1g。この数字は一般的なうどんスープの50%ほどとのこと。 つゆの作り方は簡単で、熱湯で粉を溶かすだけ。鍋で沸かしたお湯に入れると見る間に溶けておいしそうなつゆが完成しました。
老舗京料理店の職人がふだんどれほどの手間をかけてだしを取り、つゆを作るのかを考えると、この手軽さは本当にスゴイことです。

「マギー 無添加うどんつゆ 関西風」を実食

Photo by macroni

まずは「マギー 無添加うどんつゆ 関西風」から試してみました。公式HPによれば、「昆布の風味とうまみを大切にした上品な味」とのこと。薄く色づいたつゆからは、昆布とかつお節由来の品の良い香りが漂います。

Photo by macaroni

さっそくうどんをひとすすり。口のなかに広がったのは、昆布とかつお節の風味が一体となったやさしい風味でした。どちらが目立つわけでもなく、完全に調和していると感じられます。原材料を見ると、さば節やゆず果汁も使われているようですが、それらがつなぎとなってバランスを取っているのでしょうか。
うどんをすするたびにふわりと鼻を抜けるだしの香り。繊細でいて嫌味のない味わいは飽きを感じさせません。これほどムダなく整った味のつゆなら、具材も薬味も最小限でいい。このうまみだけを最大限に味わいたい……、そんな風に思わせるおいしさのつゆでした。

上品な風味を生かしてだし巻き玉子にアレンジ!

Photo by macaroni

「マギー 無添加うどんつゆ 関西風」の品の良い味を生かすべく、だし巻き玉子を作ってみました。ちなみに、手間のかかる作り方は一切していません。熱湯に「マギー 無添加うどんつゆ 関西風」を溶かし、ほどよく冷めた頃合いで溶き卵と合わせ、卵焼き器でていねいに巻いただけ。でも、それが驚くくらいの仕上がりになりました。 お店の味、という表現がぴったり当てはまります。それも、お給料日前でなくてものれんをくぐるのをためらってしまうような一流店の味。だしのやさしい味と香りが玉子の風味を際立たせていて、塩気がひかえめでも素材の味を強く感じられるのです。 だしが利いたうどんつゆだからこそのおいしさ……、これはハマってしまいそうです。

「マギー 無添加うどんつゆ 関東風」を実食

Photo by macaroni

「マギー 無添加うどんつゆ 関東風」は、その色からもわかるように醤油を使ったうどんつゆ。京料理店であるたん熊北店の総料理長がどのような関東風うどんつゆを作ったのか……と考えると、がぜん興味をそそられます。

Photo by macaroni

勢いよくうどんをすすってその味わいを確かめると、いかにも関東風という色味とは印象の異なる味わいでした。関西風に比べれば醤油の存在は際立っていますが、それが目立つわけではなく、おだやかなだしの風味と融け合っています。ベースになっているのは魚介のうまみで、醤油由来の香りやコクがそこに深みを与えているという感じ。そこに主役はなく、由来の違うそれぞれのうまみがバランスよく噛み合っていました。

だしが利いたワンランク上のカツ丼に!

Photo by macaroni

ほんのりと醤油の香りとコクを感じる「関東風」でつくったアレンジ料理は、カツ丼!熱湯に「マギー 無添加うどんつゆ 関東風」を溶かし、少量のみりんと醤油を加えてネギとカツ煮て、溶き卵を加えればできあがりです。 で、その仕上がりですが、正直いってイメージどおり。だしがしっかりと利いた、ワンランク上のカツ丼になりました。豊かなうまみが食材の風味を底上げし、カラフルに感じられます。煮汁がしみた白ごはんもおいしく、箸を運ぶ手が止まらない!うどん2つとだし巻き玉子を食べた後にもかかわらず、1人前をきっちり完食してしまいました。
Photos:9枚
マギー 無添加うどんつゆのパッケージ
鍋のなかでお湯にといた「マギー 無添加うどんつゆ」
「マギー 無添加うどんつゆ 関西風」でつくったうどん
「マギー 無添加うどんつゆ 関西風」でつくったうどんのアップ
「マギー 無添加うどんつゆ 関西風」を使ってつくっただし巻き玉子
「マギー 無添加うどんつゆ 関東風」でつくったうどん
「マギー 無添加うどんつゆ 関東風」でつくったうどんのアップ
「マギー 無添加うどんつゆ 関東風」を使って作ったカツ丼
「マギー 無添加うどんつゆ」のパッケージと、「関東風」「関西風」それぞれでつくったうどんやアレンジ案
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS