3. 宮崎の定番は、シメは「釜あげうどん」

実は讃岐に負けず劣らずうどん好きな宮崎県民。街を歩くといたるところにうどん屋の看板やのぼりが目立ちます。ラーメン派が主流な九州のなかで、宮崎では「シメはうどん」が当たり前。 讃岐うどんのようにコシがあるうどんではなく、もちもちつるつるのやわらかく細い麺が特徴。天かすが浮いた麺つゆでいただくのが、宮崎の釜揚げうどんです。

おすすめのお店「釜あげうどん 重乃井」

宮崎観光ホテルの裏手にある 1966年創業の老舗釜揚げうどん専門店「重乃井」は、趣のある外観が時代を感じさせます。長嶋茂雄や王貞治など 巨人軍御用達のお店としても有名です。夕方から深夜までの営業なので、シメのうどんにおすすめです。

店舗情報

4. 今や全国区になったご当地グルメ「チキン南蛮」

弁当チェーンの定番メニューにもなっている「チキン南蛮」は、 宮崎県延岡市が発祥!鶏肉を油で揚げ、甘酸っぱい南蛮酢に軽くくぐらせた後にタルタルソースをかけて食べるチキン南蛮は、年齢を問わず大人気のメニューです。 だからこそ、一度宮崎で本場の味をいただきたいものです。

おすすめのお店「おぐら本店」

延岡市にある「直ちゃん」の「鶏からあげの甘酢がけ」が元祖チキン南蛮の店と言われ、もともとはタルタルソースがありませんでした。 現在のタルタルソースがかかったチキン南蛮の発祥が「おぐら」です。秘伝のタルタルソースは、マヨネーズから手づくり!甘酢は、新鮮野菜をもとにじっくり煮込んで仕上げてたもの。並んで食べる価値ありですよ。

店舗情報

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS