宮崎行ったら食べなきゃ損!名物グルメ&おすすめ店10選

今回は、南国ムードあふれる宮崎県の名物グルメとおすすめのお店をご紹介します。その温暖な気候からプロ野球などのキャンプ地としても知られ、一年を通して多くの観光客が足を運びます。宮崎牛や地鶏も有名ですが、伊勢エビに代表される日向灘の海産物を使ったグルメやご当地グルメもおすすめですよ。

2019年3月27日 更新

1. 暑い夏を乗り切るソウルフード「冷や汁」

冷や汁とは、香ばしく焼いたあじやイワシなどをほぐし、焼き味噌をのばしただしに、豆腐やきゅうり、青じそ、みょうがなどの薬味を入れて熱々のご飯にかけて食べる、宮崎県民のソウルフードです。

暑さがきびしい季節でもさらっと食べられ、農産物に恵まれた宮崎だからこそ誕生した郷土料理なんです。

おすすめのお店「ふるさと料理杉の子」

昭和45年創業の「ふるさと料理 杉の子」では、ご当地グルメ冷や汁や鰹の焼き切りなど、宮崎の郷土料理が堪能できます。

なかでも杉の子の冷や汁定食は、頭とハラワタを丁寧にとりのぞいたイリコでだしをとり、薬味で宮崎の新鮮な食材をたっぷり味わえます。宮崎の郷土料理を食べたいときにおすすめのお店です。

店舗情報

2. 地酒にぴったりジューシーな「地鶏の炭火焼き」

宮崎に来たらやっぱり「地鶏」はハズせませんよね?最近では、お土産にいただくことも多い「地鶏の炭火焼き」は、飼育方法や飼料などに注意を払って大切に育てられた地鶏肉を炭火で香ばしく焼き上げたもの。

新鮮な地鶏を使っているからこそ、ジューシーで奥深い味わいが魅力です。
1 / 8
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

leiamama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう