ヘルシーなピザってあるの?カロリーダウンのコツを管理栄養士が伝授

アツアツ、とろーりチーズがたまらないピザ。チーズ好きはもちろん、そうでなくても無性に食べたくなる時がありませんか?ピザのカロリーや、意外なカロリーダウンのポイントなど、ダイエット中でもピザを楽しむ方法を伝授します♪

2018年11月15日 更新

ドミノピザ(商品名:トロピカル)

・ハンドドス…114kcal
・ミルフィーユ…135kcal
・パンピザ…123kcal
・チーズンロール…140kcal
・チーズバースト…153kcal
※ピザのカロリーは各社サイトより引用
・ピザーラ「メニュー別カロリー情報」
https://www.pizza-la.co.jp/Contents/pdf/Calorie_pizzala.pdf
・ピザハット「 エネルギー(カロリー)表」
https://pizzahut.jp/phdocs/pdf/pizzahut/eiyouseibun.pdf
・ドミノピザ「カロリー&アレルギー情報」
https://www.dominos.jp/nutritional-pizzas-information
(2018-11-01参照)

ピザのカロリーが高くなる理由は?

生地の原材料のなかで一番使用量が多いのは小麦粉です。似た原材料を使うサンドイッチと比べると、ピザはカロリーが高くなりがち。ピザ生地、チーズ、トッピング・ソースの3つに分類し、カロリーが高くなるポイントを解説します。

1. ピザ生地

食パンのカロリーは、100gあたり260kcal。ピザ生地のカロリーは、100gあたり268kcalで、食パンとほぼ変わらないカロリーです。食パンと比較して、ピザ生地が、特にカロリーが高いとはいえないようです。

とはいえ、生地が厚くなるほど、カロリーもアップ。宅配ピザで比較すると、生地が薄いクリスピータイプのピザと比べると、生地が厚くなるパン生地タイプのピザでは、1ピースあたりのカロリーが20〜70kcal上がります。(上記の「宅配ピザ大手3社のカロリーを比較!」を参照)ピザ生地のカロリーは、生地の厚さがポイントになるということですね。

2. チーズ

チーズは種類によってカロリーが変わり、チーズによっては、150kcal近く差があるものも。チーズのカロリーは、どのチーズを選ぶかでも大きく変わるということですね。ピザに使われる、主なチーズのカロリーと味の特徴をご紹介します。(※出典1,2)
・モッツァレラチーズ(100gあたり:276kcal)
ミルクの甘みと酸味があり、熟成させずに使うフレッシュなチーズ。
・ゴーダチーズ(100gあたり:380kcal)
バターのようなまろやかな香り、芳醇なコクと風味が特徴のチーズ。
・チェダーチーズ(100gあたり:423kcal)
若いものはマイルドで、さわやかな酸味。熟成が進むとコクが増すチーズ。
・ゴルゴンゾーラチーズ(100gあたり:349kcal)
芳醇な甘みのなかに、独特な青カビの刺激が感じられるチーズ。
・カマンベールチーズ(100gあたり:310kcal)
クリーミーでやさしい味わい。熟成が進むと濃厚な味わいになるチーズ。
カロリーを比較してみると、モッツァレラチーズがもっとも低いのがわかりますね。お店や宅配のメニューを見て注文するピザを選ぶときや、手作りピザに使うチーズを選ぶ時に、参考にしてみてくださいね。
4 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

IsFoodHealthLABO

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう