ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

鍋にも"シビ辛ブーム"の波が!

Photo by muccinpurin

肌寒くなってきて、スーパーも鍋用の野菜が目立つ位置に並び始めましたね。今回ご紹介するのはカルディの国産ライン「もへじ」シリーズより、『山椒しびれ鍋つゆ』。 以前同じくカルディの「島原手延べまぜ麺」でもご紹介した通り、今年は空前の"シビ辛ブーム"。夏はヒーヒー汗をかきながら、冬はハフハフ温まれるホットなスパイス・山椒がポイントです。 それにしても鍋のスープに山椒、とても新鮮です……!

国産山椒ピリリ!「しびれ鍋つゆ」

Photo by muccinpurin

298円(税込)
スープのベースは八丁味噌と白味噌のダブル味噌。そこにしょうゆや砂糖などの鍋定番の調味料、そして決め手となる山椒が入っているようです。 山椒は国産のものを限定して使用。パッケージには「小さなお子様や辛いものが苦手な方は、十分注意してお召し上がりください」とあります。辛さには、相当自信がある様子……辛いものが好きなので、これは楽しみ!

Photo by muccinpurin

ストレートタイプなので、そのまま鍋に注いで使います。 白菜や水菜、鶏団子などの具材とともに、スープを鍋に注いで煮込めば完成です!薄める手間がないので、これは手軽。1パック600gで2~3人前と使い切りなのもうれしいポイントですね。

ぐつぐつ煮込んでさっそく試食!

Photo by muccinpurin

ぐつぐつ煮込んで、野菜がしんなりとしてきました。鶏団子やとうふもいい感じに味が染みています♪ まずはスープ。味噌ですが、意外とあっさりとしています。でもコクはありますね。飲み進めるうちに、舌にジリジリとしびれる感覚が……!山椒が本領を発揮してきました! 野菜の甘みがスープに溶け出し、旨みに変わっています。体のなかからぽかぽかしてきました。

Photo by muccinpurin

今回は鶏団子を入れましたが、このスープなら豚肉もよさそう。豚の脂が入ることでさらにコクがアップしそうです。脂身が多いバラ肉がいいかも。 甘みのある白菜と長ねぎは必須です。やさしい味わいのとうふもあったほうがいいでしょう。そうこうしているうちにも、舌はおいしさと辛さでしびれています……!

〆は麺がおすすめ!

Photo by muccinpurin

悩みどころの〆は、麺をセレクト。ピリッと味が濃いので、中華麺を合わせて「シビ辛味噌ラーメン」を堪能。〆までピリッと刺激的に貫くもよし、最後くらいは卵を落としてまろやかにまとめるもよし。 このピリ辛ならごはんはもちろん、中華麺にうどんなど、どんな炭水化物とも相性がよさそうです。

シビ旨鍋をご賞味あれ!

Photo by muccinpurin

あまりのおいしさに食べすぎました……。シビ辛ブームの要因はやはり、このやみつきになる辛さにあると確信。汗をにじませながらも、辛いのにまたひと口食べたくなる、ちょっとした中毒性があります。 辛さもありつつ、味噌でまろやかにまとめているので、最後まで飽きることなく食べられます。今後も「シビ辛ブーム」と「しびれ鍋」から目が離せません!

商品情報

■商品名:もへじ 国産山椒しびれ鍋つゆ ■価格:298円(税込) ■原産国:日本 ■内容量:600g ■カロリー:100gあたり22kcal
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS