主婦目線で厳選!機能重視のよく切れる包丁5選

料理苦手さんにこそ選んでほしいよく切れる包丁。スムーズにいかない下ごしらえや見た目、料理の味も左右してしまうほどキッチンの中でもっとも重要なアイテムです。今回は、主婦歴20年の主婦目線から家庭で使いやすい三徳包丁のおすすめをご紹介します♪

2018年10月25日 更新

「よく切れる包丁」ってどんなもの?

一般的な包丁の素材は大きく分けて鋼(ハガネ)・ステンレス銅・ファインセラミックの3種類。

ハガネは切れ味の良さは抜群ですが小まめな手入れが必要なのと錆びやすいのも特徴です。

ステンレス銅は、種類が豊富で錆びにくさや、家庭用のと砥ぎ器でも気軽に砥ぐことができます。

ファインセラミックは、小さなお子様と料理をする時や金属アレルギーがある方にもおすすめです。

使う人や用途に応じて素材にも注目したいですね。それでは、おすすめの包丁を厳選して5つご紹介します!

1. ツヴィリング「TWIN Fin II マルチパーパスナイフ 180mm」

世界的にも有名なヘンケルスのZWILLING(ツヴィリング)シリーズは世界中のプロも使用されています。家庭用のラインナップも豊富でスタイリッシュなデザインも魅力のメーカーです。

素材の特徴

ヘンケルスの包丁の中でもNo.1販売数のTWIN Finシリーズの新鋭TWIN Fin Ⅱ。新鋼材「N 60(エヌ60)ステンレススチール」が採用され、切れ味や握り心地の軽さだけではなく、サビにくさもUP。さらに従来のTWIN Finとの大きな違いは食洗機可能になったのも魅力です。

お手入れ方法

中性洗剤とやわらかいスポンジを使って洗います。洗った後は乾いた布で拭きとりしっかりと乾かします。新しくなったTWIN Fin Ⅱシリーズは食洗機使用が可能です。
1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mari.everydayolive

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう