ブルゴーニュの白ワインの特徴

ブルゴーニュのシャルドネは「白ワインの女王」と称されるのにふさわしい、気品ある香りや味わいが特徴です。澄んだ黄金色をしており、樽香のほか、りんごやはちみつ、柑橘類を思わせる複雑なアロマが魅力。きりっとした酸味で余韻が長く続きます。

ブルゴーニュの赤ワインおすすめ5選

1. 限りなくロマネ・コンティに近い赤ワイン「ドメーヌ・オーディフレッド・ヴォーヌ・ロマネ・オー・シャン・ペルドリ 2017」

ITEM

ドメーヌ・オーディフレッド・ヴォーヌ・ロマネ・オー・シャン・ペルドリ 2017

内容量:750ml、産地:フランス

¥10,098 ※2019年10月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

最高級の赤ワインとして名高いロマネ・コンティを造っているドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ社(DRC社)の正社員のひとり、アンリ・オーディフレッド氏が手がけた赤ワイン。畑もロマネ・コンティやラ・ターシュの近くにあり、限りなくロマネ・コンティに近いワインと評判です。華やかな香りと芳醇な果実味が特徴です。

2. ワイン造りの名家が生み出した傑作ワイン「モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ モンテリー・ルージュ・クロ・デュ・メ・ガルニエ・モノポール 2014」

ITEM

ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ モンテリー・プルミエ・クリュ・クロ・デュ・メ・ガルニエ・モノポール

内容量:750ml、産地:フランス

¥5,995 ※2019年10月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

モントリー村で300年以上もワイン造りに携わってきた名家、モンテリー=ドゥエレ家が生み出す珠玉の1本。ソフトでまろやかなタンニンと熟した果実の味がマッチしています。やさしくてやわらかな口当たりで飲みやすいワインです。

3. 全房発酵が造りだす奥行きのある味わい「ジャン・ルイ・ライヤール 2014 ニュイ・サン・ジョルジュ」

ITEM

ジャン・ルイ・ライヤール 2014 ニュイ・サン・ジョルジュ

内容量:750ml、産地:フランス

¥5,980 ※2019年10月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

生産者ライヤール氏は、ぶどうの房を花の房とともに発酵させる全房発酵にこだわってワインを造っています。全房発酵によって生み出されるワインは複雑で奥行きのある味わいに。濃厚な果実の香りとエレガントな樽香が特徴です。

4. ピノ・ノワールのフィネスを最大限に表現「ドメーヌ・アルノー・ショパン・コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2017」

ITEM

ドメーヌ・アルノー・ショパン・コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2017

内容量:750ml、産地:フランス

¥5,258 ※2019年10月20日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

ピノ・ノワールが持つフィネスを最大限に表現することをモットーに若きオーナー兄弟が造る赤ワイン。ブルゴーニュのワイン雑誌『ブルゴーニュ・ダジュール・ニュイ』で「最高の逸品」と大絶賛されています。 フルーティーな果実の香りはまさにエレガント。果実味のなかにタンニンと酸がバランスよく溶け込んでいます。

5. 期待の若き生産者が造る渾身のワイン「フレデリック・マニャン・ シャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・シャルム」

ITEM

フレデリック・マニャン・ シャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・シャルム

内容量:750ml、産地:フランス

¥12,870 ※2019年10月20日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

モレ・サン・ドニを拠点とし、5代にわたってワイン造りをおこなう名門、マニャン家。5代目のフレデリック・マニャン氏は、独自のスタイルでワイン造りを実践して「若き新星」と称され、年々その評価が高まっています。 熟成には最高級の樽を使用。それによって心地よいタンニンとピュアな果実の味を持つワインに仕上がっています。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS