リッチな大人の味♪ ラミーチョコレートが冬季限定の理由とは?

毎年10月ごろから冬季限定で販売されるチョコレート「ラミー」。ラムレーズンがガナッシュチョコレートに入ったリッチなお菓子で、ファンの方も多いですよね。ラミーやバッカスはなぜ冬季限定なのか、また食べる際の注意点などを紹介します。

2018年10月10日 更新

ラミーチョコレートの歴史と販売期間

ラミーの歴史

ラミーチョコレートが初めて販売されたのは、1965年。発売からもう50年以上経っているなんてちょっと意外……!バッカスはその一年前に発売開始しました。

ラミーはピンク、バッカスは緑。パッケージカラーが印象的ですが、これは発売当初からほとんど変わっていません。2015年にパッケージデザインが現代風に新しくなりました。

ラミーは季節限定?

ラミー(バッカスも)は、冬季限定商品です。多くのファンがいるのになぜ冬だけなのか気になりますよね。

これは、ラミーやバッカスがアルコールを使用しているためだそう。夏の気温に置いておくと中のアルコールが染み出したり、アルコールが飛んでしまったりするからだとか。おいしいチョコレートを食べてもらうために、品質が安定する冬季限定販売となっているようです。

ちなみに、だいたい秋冬の10月から3月までの半年間販売していますが、9月末ごろになると店頭で見かけるようになります。

ラミーチョコレートはアルコール入り!食べるときは注意しよう

2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう