ライター : aaaharp

紅茶が好き。ライターとして、食だけでなくあらゆる分野のメディアで執筆しています。あちこちにアンテナを張っているので、暮らしに役立つ情報やトレンドをどんどんお届けしていきます。

大人の味!ラミーチョコレートとは?

ラミーの味わい

ラミーはラムレーズンを生チョコに閉じ込めた、洋酒の芳醇な香りが魅力のチョコレートです。ふつうの板チョコのように見えますが、中にはラム酒に漬け込んだレーズンがぎっしり。チョコレートはガナッシュでやわらかく、この味がやみつきになる方が多いんです♪

バッカスとの違いは?

ラミーはロッテの商品ですが、同じシリーズに「バッカス」というチョコレートがあります。バッカスはラミー発売の一年前からある商品で、こちらはフランスの高級なブランデー「コニャック」を使用しています。チョコレートの粒の中からコニャックがあふれるようになっています。

夏期・北海道限定のラミーチョコアイスがある!?

秋冬限定という印象があるラミーチョコレートですが、実は夏の北海道限定で販売されているアイスがあります。 ラミーチョコアイスはラム酒の香るチョコレートアイスの上に生チョコがかかったアイスクリームで、カップタイプとバータイプがあります。全国で販売されてないのが残念ですね。

ラミーチョコレートの歴史と販売期間

ラミーの歴史

ラミーチョコレートが初めて販売されたのは、1965年。発売からもう50年以上経っているなんてちょっと意外……!バッカスはその一年前に発売開始しました。 ラミーはピンク、バッカスは緑。パッケージカラーが印象的ですが、これは発売当初からほとんど変わっていません。2015年にパッケージデザインが現代風に新しくなりました。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS