【野菜ジュースの人気ランキング】9つの商品を味や栄養素で比較!

いつも同じものを選んでしまいがちな野菜ジュース。比較のポイントを抑えて、あなたに合った野菜ジュースを見つけてみませんか?選ぶポイントごとにランキング形式でご紹介します。子どもも飲めるおいしいものから、栄養重視のもの、こだわり製法のものまで。

2018年9月28日 更新

【1位】まよったらこれ!「カゴメ 野菜生活100 オリジナル」

ITEM

カゴメ 野菜生活100 オリジナル

内容量:200ml×24本

¥1,690 ※2018年09月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

同じく「野菜生活100」のオリジナルブレンドです。食塩・砂糖・着色料・保存料も無添加。とにかく飲みやすい野菜ジュースで、舌に残る刺激もなく、朝いただくのにもおすすめ。さらさらした飲み口ですっきりいただけますよ。

栄養素の高い野菜ジュースランキングTOP3

【3位】βカロテンたっぷり「伊藤園 充実野菜 キャロット100%」

ITEM

伊藤園 充実野菜 キャロット100%

内容量:930g×12本

¥2,358 ※2018年09月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

にんじんのみで作られた野菜ジュースです。にんじん特有の臭みはなく、すっきりサラリとした飲み口。にんじんはゆでてからおいしいところだけを搾って作っているそうで、にんじんの甘みを堪能できる1本となっています。

【2位】飲むサラダ「カゴメ 野菜一日 これ一本」

ITEM

カゴメ 野菜一日 これ一本

内容量:200ml×24本

¥1,665 ※2018年09月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

厚生労働省の推奨する1日の野菜の摂取量350gが、これ1本で叶うひと品です。トマトがベースの濃厚な味わいは「飲むサラダ」と例えられるほど、野菜の味わいを堪能できますよ。時間がない時のパパっと済ませてしまう食事にも添えたい1本です。

【1位】野菜350gを使用「伊藤園 1日分の野菜」

ITEM

伊藤園 1日分の野菜

内容量:200ml×24本

¥1,392 ※2018年09月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

こちらも同じく、野菜摂取量350gがこれ1本でとれる野菜ジュースです。野菜がこれだけ入っているのにもかかわらず、ドロドロ感はなく意外とサラリとした飲み口♪ 野菜不足が気になった時には飲んでおきたい1本ですよ。

製法にこだわった野菜ジュースランキングTOP3

【3位】北海道産野菜にこだわった「伊藤園 有機栽培 北海道産3種の野菜」

ITEM

伊藤園 有機栽培 北海道産3種の野菜

内容量:125ml×15本入

¥3,888 ※2018年09月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

こちらは、北海道産野菜にこだわった野菜ジュースです。有機栽培のにんじん・ケール・かぼちゃが使われており、かぼちゃの甘みがあり、くさみもなく、サラリといただけるひと品ですよ。サイズも125mlパックと小さめで、手軽に飲み切れるのがいいですね。

【2位】ダイエット中の方にも「カゴメ 野菜ジュース 糖質オフ」

ITEM

カゴメ 野菜ジュース 糖質オフ

内容量:200ml×24本

¥1,856 ※2018年09月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

「糖質が多めの普通の野菜ジュースはちょっと……」と言う方におすすめのが、こちらの「カゴメ 野菜ジュース 糖質オフ」です。食物繊維もたっぷり入っているので、おなかの調子が乱れがちな方にもうれしいポイントですね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS