ロッジのスキレットの魅力とは?お手入れ方法や注意点も解説

重い鍋やフライパンは扱い慣れれば、むしろその重さがゆっくりと熱を食材に通してくれるので、素材の旨味を封じ込めたおいしい料理を生み出してくれます。アメリカ製ロッジのスキレットがまさにそう!使えば使うほどトリコになる鉄製フライパンです♪

2018年9月28日 更新

ロッジのスキレットが大人気!

LODGE(ロッジ)はキャストアイアン(鋳物鉄)の調理器具でアメリカNo.1を誇るメーカー。「よい道具を選ぶことが、おいしい料理をつくる第一歩」と、アメリカをはじめ世界で120年以上愛され続けている会社です。

ダッチ・オーヴンやスキレットなど種類は150以上。世界中の台所やレストラン、アウトドアで多くの人々に愛されています。

どんな料理が作れるの?

もともとはオランダ人がアメリカに持ち込んだ鉄鍋が始まりという説が強いロッジ。荒野の生活の中でパンを焼けたり、肉を焼けたり、煮込みもできたりと、ひとつあれば何でも作れる大変便利なその鍋に注目したのがロッジ。

パンやパンケーキ、ハンバーグから煮込み料理、ステーキまで、それひとつでいろいろな料理を作れる調理器具を生み出しています。

ロッジのスキレット!2つの特徴

1. シーズニング済みなのですぐ使える

最大の特徴は熱伝導がゆっくりなこと。つまり食材への火の当たりがとてもやわらかいので、むらなく加熱。旨味をぎゅっと凝縮しながらの調理をできます。

また蓋を使用すれば蒸し焼きや煮込みもでき、シーズニング済みなので、購入直後でもお湯で一度洗うだけ。一般の鉄製フライパンのような面倒な慣らし作業をしなくてもすぐに使用できます。

2. 直火はもちろんIHも対応

直火はもちろんIHでも使えます。取っ手の部分まですべて鉄なのでオーブンに入れての使用もOK。そのままテーブルに出してもオシャレ。逆に食卓が華やかになり、しかも熱伝導が長いので料理も冷めにくく、長時間おいしく食べることができます。

またアウトドアにも最適。スキレットひとつで、朝食の目玉焼きから昼食のパスタ、夕食のグリルまで、フライパンからオーブン役までも務めてくれるますし、食器をそろえられないキャンプ場での味気なくなりがちな食事も分厚く真っ黒な鉄製がオシャレなムードに変えてくれます♪
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

rieyutenji

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう