きちんと扱えば一生もの!スキレットの洗い方とお手入れのポイント

おしゃれでそのまま食卓に出せることでも人気のスキレット。お手頃な値段で買えるようになりましたが、サビやすいのも事実。そこで、どのようにお手入れしたり洗ったりすれば長く使い続けられるのか、その方法をご紹介します。ぜひ試してくださいね。

知ってる?「スキレット」のお手入れ方法

ニトリのスキレット「ニトスキ」をはじめとして、スキレットでもリーズナブルなものが登場し、調理してそのまま食卓に出してもおしゃれに見えるので、大人気のスキレット!
しかしいざ買っても「どうお手入れすればいいの?」と戸惑っている方もいるかも?
スキレットは鋳鉄のフライパンなので、お手入れの仕方がとっても大事。
気をつけないとサビてしまうんです。

逆に言えば、きちんとお手入れすれば、長くずっと使え、使えば使うほどに油もしみこんで使い勝手がよくなります。どこに気をつければいいんでしょうか?

買ったらまず"シーズニング"をしましょう

スキレットはまず買ったら「ならし」=シーズニングをしましょう。(※ロッジのスキレットはあらかじめシーズニングずみなのでその必要はありません。)
なぜシーズニングをするかというと、油の膜で酸素をシャットアウトしてサビを予防するんです。タコ焼き屋さんの鉄板を見たことはありませんか?黒光りしていますが、あの状態まで行けば、しみこんだ油だけでも調理ができるんです。油は入れるとしてもちょっとだけ。こげつかずおいしく料理できるんです。

シーズニングのやり方

スキレットをまず洗って、コンロで白く煙が上がるまで熱します。火を消して、熱いうちにオリーブオイルなど酸化に強い油を入れてキッチンペーパーでこすり、まんべんなくスキレットの中にすりこみます。持ち手は熱いのでタオルなど包んで持ちましょう。
裏側のサビも気になる方は油をぬってすりこみます。油でコーティングしたスキレットは酸化しづらく、使い込んだものと同じような状態になります。料理するときはこのまま使いましょう。軽く水洗いですすぐ程度でOKです。料理のたびにこの作業をしていると、しっかりと油膜ができて、シーズニングも不必要になります。

スキレットの洗い方はどうすれば?

鉄製のスキレットは料理に使った後はかなり熱くなっています。ある程度冷ましてから洗剤はつけずに熱いお湯でたわしでこすりましょう。洗剤をつけないのは油を落とさないため、せっかくシーズニングをした意味がなくなっちゃいますのでね。
どうやっても汚れが落ちない!というときは重曹とお湯で落とします。

もしサビてしまったら?

スキレットは水分がついたまま放置しているとサビてしまいます。サビがついたらまず金属製のたわしでしっかりとサビを落とし、水で洗ってキッチンペーパーでふいてからコンロで加熱して水気をとばします。

ジャガイモも効果的

半分に切ったジャガイモでサビたところをこすっても、きれいに取れちゃいますよ。しつこいサビだったらスキレットにあら塩を入れて磨いてみてください。

長い間使わないときは新聞紙で包んで

長い期間使わないときは、表面に油をぬり、新聞紙などの紙類で包んで湿気の少ない場所で保存します。再び使用するときは、油を洗い落として使いましょう。

大事にお手入れして長く使いましょう

ちょっと手間はかかりますが、愛情込めてお手入れすることで、スキレットは長く使え、使うほどにおいしい料理ができる調理器具になっていきます。スキレットを上手に育てていってくださいね。
こちらの記事もぜひどうぞ!

特集

SPECIAL CONTENTS