ライター : usagime

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

通関士として商社勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、天然酵母パンとスイーツを製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にやさしいものを追求中。趣味…もっとみる

知ってる?「スキレット」のお手入れ方法

調理してそのまま食卓に出してもおしゃれに見え、ガスやオーブン、商品によってはIHにも対応できる大人気のスキレット。ニトリの「ニトスキ」をはじめ、スキレットでリーズナブルなものが登場しています。

しかし、いざ買っても「どうお手入れすればいいの?」と戸惑っている方も多いのでは?スキレットは鋳鉄のフライパンなので、お手入れの仕方がとっても大事。気をつけないとサビてしまうんです。

逆に言えば、きちんとお手入れすれば長く使え、使えば使うほどに油も染み込んで使い勝手がよくなります。スキレットの使用にあたって、気を付ける点を見ていきましょう。

使い始める前に “シーズニング” をしましょう

スキレットはまず買ったら「ならし」=シーズニングをしましょう。(※ロッジやキャプテンスタッグのスキレットは、あらかじめシーズニング済みなので必要はありません。)

シーズニングをすることで、油の膜で酸素をシャットアウトしてサビや焦げを予防することができます。タコ焼き屋さんの鉄板を見たことはありませんか?黒光りしていますが、あの状態まで行けば、染み込んだ油だけでも調理ができるんです。油は入れるとしてもちょっとだけ。焦げつかずおいしく料理できますよ。

シーズニングのやり方

スキレットを洗ってからコンロで火にかけ、白く煙が上がるまで熱します。火を消して、熱いうちにオリーブオイルなど酸化に強い油を入れてキッチンペーパーで馴染ませ、まんべんなくスキレットにすり込みます。持ち手は熱いのでタオルなど包んで持ちましょう。

裏側のサビが気になる場合は、油をぬってすりこみます。料理するときはこのまま使いましょう。軽く水洗いですすぐ程度でOKです。料理のたびにこの作業をすると、しっかりと油膜ができて、シーズニングも不要になりますよ。

スキレットの洗い方はどうすれば?

鉄製のスキレットは、料理で使ったあとはかなり熱くなっています。ある程度冷ましてから洗剤は付けずにたわしでこすりましょう。洗剤を付けない理由は、油を落とさないため。せっかくシーズニングをした意味がなくなってしまいます。どうしても汚れが落ちない場合は、重曹とお湯で落としましょう。

スキレットのお手入れ方法と保存の方法とは?

スキレットを使ったあと、きちんとお手入れしていてもサビてしまうことがあるかもしれません。そんなときの対処法やしばらく使わないときの保管方法についてもチェックしておきましょう。

もしサビてしまったら?

スキレットは水分がついたまま放置しているとサビてしまいます。サビが付いたらまずたわしでしっかりサビを落とし、水で洗ってキッチンペーパーで拭いてからコンロで加熱して水気をとばします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ