ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

瓶詰めの「ワカモレ」を発見!

Photo by muccinpurin

322円(税込)
いつも新しい発見で私たちをワクワクさせてくれる、業務スーパー。たくさんの商品の中から、今回はメキシコ料理の定番ディップ「ワカモレ」をご紹介します。 トルティーヤチップスや、野菜のディップとして欠かせないワカモレ。ですが作ってもすぐ変色してしまったり、残ったアボカドの使い道にも悩んでしまいますよね。 そんな時に重宝するのが業務スーパーの「ワカモレ」です。使いたいときに必要な分だけ使えて、とっても便利なんです。

Photo by muccinpurin

緑を基調としたラベルに、ポップでかわいいアボカドのイラスト。生産国がメキシコなので、どことなくラテンっぽいデザインです。 キャップを開けると、ほんのりにんにくの香り。アボカド独特の青臭さは感じません。遠くにチーズのような香りもしてきます……! すくってみると、ねっとりしたクリーミーなテクスチャー。細かい赤い粒は、唐辛子でしょうか?

Photo by muccinpurin

原材料を見てみると、「にんにく粉末」「フライドオニオン」とあります。これが食欲をそそる、香りの正体でした。 細かく刻まれた赤いものは「赤パプリカ」。チーズのようなかすかな香りは、「ミルク粉末」の香りのようです。

こんな使い方どうでしょう♪

1. 王道!「アボカドディップ」

Photo by muccinpurin

まずは王道の「アボカドディップ」でテイスティング。トルティーヤチップスにたっぷりつけて、パリッ。なめらかでコクがあるアボカドに、香辛料のピリ辛味がいいアクセントです!ほんのり効いた酸味が、全体の味を引き締めてとても食べやすくなっています。 時間が経つとどうしても変色しやすいワカモレも、これなら必要な分だけ器に盛るだけでOK!お手軽です♪

2. 和えるだけ簡単!「ワカモレサラダ」

Photo by muccinpurin

皮をむいてカットした長芋とワカモレを和えた、シャキシャキ「ワカモレサラダ」。仕上げに枝豆とブラックペッパーを散らして、白ワインにぴったりなおつまみサラダです♪ ワカモレ自体に味が付いているので、和えるだけで味が決まるんです。じゃがいもでもおいしくできますよ!

ボトルを開けたら2秒でディップ!

Photo by muccinpurin

本場メキシコの「ワカモレ」は、ピリッとした辛みが爽快な、濃厚ディップでした。 これがひと瓶あれば、パーティや朝食、ちょっと小腹がすいた時のおやつに……と、いろいろと活躍してくれそうです。必要な分だけ使えるのも、うれしいポイントでした。 あなたはどんなアレンジで楽しみますか?

商品情報

■商品名:ワカモレ(アボカドディップ) ■価格:322円(税込) ■原産国:メキシコ ■内容量:320g ■カロリー:100gあたり199kcal
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS