シンガポールスリングってどんなカクテル?名前の由来やレシピを解説

シンガポールスリングはピンク色がかわいいロングカクテルです。フルーティーで飲みやすく、見た目もかわいいので女子におすすめ!今回は、シンガポールスリング発祥の地や名前の意味、レシピなどをご紹介しますよ。なぜ女子にウケるのかもうなずけます♪

「シンガポールスリング」とは?

シンガポールスリングは、ジンベースにチェリーブランデーなどを加えて作る定番のロングカクテルです。ピンクで甘い、トロピカル感満載のカクテルは、女性にも飲みやすくSNS映えもするのでバーでは人気メニューのひとつですよ!

名前の意味

シンガポールスリングの「シンガポール」は地名、「スリング」は“飲み込む”という意味のドイツ語 Schlingenが語源といわれています。シンガポールスリングのほかに、ウォッカと砂糖、水だけで作ったウォッカ・スリングなどもあります。

発祥の地

シンガポール、ラッフルズホテルのバーテンダー、ニャン・トン・ブーン氏が1915年に考案しました。シンガポールの海に沈む夕日をイメージし、当時の女性が人前でも飲みやすいカクテルとして作られたんですよ!現在はブーン氏のレシピに、パイナップルなどのフルーツを追加し、飲みやすく改良されたトロピカルスタイルが主流です。

「シンガポールスリング」の作り方

ドライジンとチェリーヒーリングをベースに、柑橘系のジュースで飲みやすく仕上げたトロピカル・シンガポールスリングです。

材料

・ビーフィーター・ジン……30cc
・チェリー・ヒーリング……20cc
・パイナップルジュース……100cc(適量)
・ライムジュース……15cc

・ホワイト・キュラソー……7cc
・ベネディクティン……7cc
・グレナデン・シロップ……10cc
・アンゴスチュラ・ビターズ……1cc
・パイナップル、チェリー(飾り用)

・シェイカー
・氷……4つ

作り方

1. 材料をシェイカーでシェイク
2. 氷を満たしたグラスに注ぐ
3. 果物があればグラスに飾るとよい

シェイクのコツ
シンガポールスリングはグラスに注いだ時に泡立つのが特徴。強くしっかりとシェイクし、すぐにグラスに注いでくださいね!

度数について
ドライジンが30ccも入っているので、アルコール度数は高め。バーでも9%前後で仕上げることが多いようです。ご自身のペースをくずさない範囲で楽しみましょう。

「シンガポールスリング」のおすすめの飲み方

ラッフルズホテル風のシンガポールスリングは、パイナップルジュースが入った、濃厚なフルーツの香りと味が特徴です。分量ぴったりで作ればよりトロピカルな味わいを堪能できますが、薄めに作ってジュース感覚で飲めるのもロングカクテルならではの魅力。

ちょうどいい濃さで作り、氷が溶けて薄まる前にすぐ飲みきるのが、シンガポールスリングを味わうコツですよ。パインジュースをソーダ水(適量)に変えれば、少し大人な飲み口に仕上げることもできます!

シンガポールスリングでトロピカルな気分

シンガポールスリングは、もともと女性が人前で飲みやすくするために作られたカクテルです。現在、開発当初のレシピとは違ったレシピで提供されますが、その見た目やフルーティーなテイストは、女性ウケすること間違いありません。

チェリーのピンクが美しいカクテルは、バーの暗がりに浮かび上がりSNS映えも◎機会があればぜひ、飲んでみてくださいね。
▼SNS映え間違いなしのカクテルレシピ集

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

misokko1

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう