「袋麺」の進化がスゴイ!おすすめ袋麺12選

コスパ、保存性、手軽さが魅力の袋麺。地域限定の味や名店の味をおうちで手軽に再現できるので、あのお店に行きたいけど遠くに住んでいるので諦めていたという人におすすめの食材です。今回は進化した袋麺の選び方や製法、おすすめの商品をご紹介します。

2018年9月11日 更新

5. まるで生麺!つるりとしたノンフライ麺

パッケージの謳い文句に胸踊る人もいるのでは!? つるりとした喉越しや麺のコシはまさに生麺のおいしさ。ノンフライなので、濃いめの醤油味もあっさりと食べることができます!野菜をトッピングして、自分なりのアレンジも楽しんでみましょう♪

6. 昔から変わらぬ素朴なおいしさ♪

同メーカーの中でも一番のシェアを誇る醤油味!パッケージや値段の変更があっても、変わらない麺とスープの素朴な味わいが人気です。豚骨とホタテの旨味がおいしさの秘密♪

絶品!塩味の袋麺3選

7. あっさりだけどコクあり!函館の塩ラーメン

ホタテだしで、函館の塩ラーメンがしっかり表現された味との評判もあるひと品!コクもありますが、塩分控えめであっさりめに仕上がっています。ワカメを入れてアレンジすると、また違った風味が生まれておいしいですよ♪

8. 減塩&低カロリー!ノンフライ塩ラーメン

減塩、そしてカロリー控えめでヘルシーに食べることができるひと品。あっさりとした塩味スープなので、食欲そそるごま油の香りやコクが際立ちます♪ たくさんお野菜をのっけるともっとバランスよく、ヘルシーにいただけますよ!
3 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう