ライター : usagime

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

通関士として商社勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、天然酵母パンとスイーツを製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にやさしいものを追求中。趣味…もっとみる

おしゃれで機能性抜群♪ 紙製お弁当カップ5選

1. 汁を吸うと柄が浮き出る!「東洋アルミ 汁も油も吸いとるケース」

ITEM

東洋アルミエコー 汁も油も吸いとるケース M

¥128〜

内容量:34枚

※2021年1月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
紙にポリプロピレンの加工を施してあるお弁当カップです。3重構造になっていて、汁や油を吸い取ってくれるので便利!味移りも防いでくれます。汁や油を吸うことで、カップのデザインが浮き出てくる点がポイントです。

2. チェックがかわいい♪「アヅミ産業 ココケース小判型 11号 赤」

ITEM

アヅミ産業 ココケース小判型 11号 赤

¥1,337〜

内容量:500枚

※2021年1月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
お弁当箱にセットしやすい小判型のカップです。電子レンジ使用可能で500枚入り!かわいいチェックのデザインが、お弁当を華やかに演出してくれます。サイズは7号~11号まで展開。カラーはほかに、黄色と緑色がありますよ。

3. 和風のお弁当にも!「アーテック すかし和紙カップ 麻の葉」

ITEM

アーテック すかし和紙カップ 麻の葉 中

¥594

内容量:12枚

※2021年1月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
一見シンプルですが、使われている紙は和紙!麻の葉の模様が入った、すかし和紙のおしゃれなお弁当カップです。和風のおかずにぴったりですが、レースのようにも見えるので洋風のおかずにもマッチします。お花見のお弁当やおもてなし用にいかがでしょう。

4. 4つ合わせるとクローバーに!「クローバーハート お弁当カップ」

ITEM

お弁当カップ クローバーハート

¥227〜

内容量:40枚

※2021年1月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
かわいい緑色のハート型のカップです。4つの柄が各10枚ずつ入っていて、おかずの種類や気分によって選ぶことが可能!幅5.5cm・奥行き6cm・高さ2cmと小さめですが、ちょっとした隙間をうめるにはぴったりですよ。

5. 大きなおかずにおすすめ「まるき スケッチ柄おかずカップ 角大」

ITEM

まるき スケッチ柄おかずカップ 角大

¥108

内容量:15枚

※2021年1月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
お弁当箱がにぎやかになる、ポップカラーのお弁当カップです。電子レンジも冷蔵庫も使用可能。幅11.5cm・奥行き8.5cm・高さ3cmあるので、大きいハンバーグやコロッケなどのおかずもしっかり入ります。お弁当のほか、パーティにも活躍してくれますよ。

エコで経済的!洗って使えるシリコン製お弁当カップ5選

6. お弁当が華やかに「逸品社 カップ シリコン 5個セット 」

ITEM

逸品社 カップ シリコン 5個セット

¥550

内容量:5個

※2021年1月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
使い勝手抜群のシンプルなおかずカップです。繰り返し使えるだけでなく、電子レンジも食器洗い乾燥機もOK!しっかりしているので、形くずれの心配もありません。お弁当に使いやすい口径約7cmサイズは、ビタミンカラーの5個セットです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ