カツカレーならここしかない!東京のおすすめ店5選

カレーライスのトッピングはたくさんありますが、そのなかでも人気なのがカツカレーですよね。サクッとカラッと揚がったカツに絡まるカレー、誰がこのメニューを考案したのか!カツカレーが人気の都内のお店と、気になるカロリーについてご紹介します。

カツカレーを食べて力をつけよう!

日本人の愛してやまないカレーライス。年齢を問わず大人気!スタンダードなものからスープカレーと種類も豊富、さらにトッピングもたくさんと思うのですが、その中でもカレーとカツのコラボは最強だと思いませんか?

サクサクなカツはカレーとの相性も抜群!今回はカツカレーの発祥秘話から、がっつり食べたい人へおすすめのお店までご紹介するので楽しみにしてください♪

カツカレーの発祥

多様なトッピングを楽しめるカレーライスのなかでもカツカレーは特に人気がありますよね。

性別問わず人気のカツカレーですが、「カレーにカツレツをのっけてくれ」、このひと言がカツカレーが生まれた瞬間でした。

そして、東京は銀座にある「銀座スイス 」というお店が発祥店と言われています。終戦後まもなく、帝国ホテルで料理修業した岡田義人さんが創業したこのお店の常連さんだったプロ野球選手の千葉茂さんがある日、来店し「カレーにカツレツをのっけてくれ」と注文したのです。

その後、千葉さんが知人と訪れるたびカツとカレーを合せたものを注文して好評だったことから、メニューに追加され多くの人に愛されるようになったのです。

やっぱり気になるカロリー

おいしいですが、やっぱりカロリーも気になりますよね。サクサクのカツは食べ応え抜群!スパイシーなカレーはじっくり煮込まれ向かうとこ敵なしのカツカレー。

気になるカロリーはというと、一皿(560.6g)で1,099kcal。カロリーも向かうとこ敵なしのようです。もちろん量や部位によってカロリーは若干変動しますが高いことは間違いありません。

東京で食べるならここ!人気カツカレー5選

⒈ たいめいけん

都営浅草線・東京メトロ東西・銀座線日本橋駅C1出口より徒歩1分、昭和6年創業、老舗洋食屋の「たいめいけん」こちらはたんぽぽオムライスが有名ですよね。

でも、たいめいけんの「昭和の紙カツカレー」がおいしいんです〜!

昭和の紙カツカレー

たいめいけんのメニュー

出典:r.gnavi.co.jp

1,380円(税込)

「昭和」と付くくらいなので昔からあるメニューなのかと思ったのですが、意外にも現当主が考案したひと品。揚げるのではなくフライパンで焼かれたカツは、紙のように薄くなく、しかも、大きくてボリューム満点!

カレーにもポークがゴロゴロ入っているので、カツカレーにしてはヘルシーなのかな?と思いきやそれは間違い!お腹がかなりヘビーな状態にになるのでペコペコに空かせてから行きましょう。

店舗情報

■店舗名:たいめいけん
■最寄駅:浅草線/東京メトロ東西/銀座線日本橋駅C1出口から徒歩1分
■電話番号:03-3271-2465
■営業時間:(1F)11:00~21:00(L.O.20:30)
ランチ (2F)11:00~15:00(L.O.14:00)
ディナー (2F)17:00~21:00(L.O.20:00)
■定休日:(1F)年中無休 (2F)日・祝
■禁煙・喫煙:分煙
■公式HP:https://www.taimeiken.co.jp/index.html

⒉ ベイ・リーフ

地下鉄千代田線赤坂駅から徒歩3分の「ベイ・リーフ」みすじ通りと一ツ木通りを繋ぐ横沿いにあります。

お昼はお肉や野菜をトッピングしたカレーを提供してくれるカレーバー。夜はおばんざいを楽しめるお店でもあります。

牛カツカレー

牛カツカレー

出典:r.gnavi.co.jp

1,036円 (税込)

特集

SPECIAL CONTENTS