業務用キッチンのメリットとデメリット!費用やおすすめメーカーも

今リノベーション、リフォーム、DIYなど流行っていますよね。そんな中キッチンはキッチンでも「業務用キッチン」が注目されています。では一体どうして業務用キッチンに注目が集まっているのでしょうか。魅力に迫ってみました。

「業務用キッチン」のメリット

キッチンは毎日立つ、生活の一部といっても過言ではないスペースではないでしょうか。だからこそ今家庭用ではなく、業務用キッチンが注目されています。業務用ときくと大きなキッチンをイメージすると思いますが、それだけではありません。家庭用とは違ったメリットがあります。

丈夫で長持ち

やはり業務用となると家庭用よりは少しお高め。ですが、高いには高いなりの理由があります。何といっても丈夫なので、お値段以上、とても長持ちします。業務用は家庭用よりも使用頻度が多い場所で使われるという前提で作られているので、壊れにくい構造になっています。

調理や片付けに便利

業務用キッチンの大きな特徴としてあげられるのがシンクの深さ。水はねが体にかかりにくく、豪快に洗えます。掃除も思いきりしやすいです。そして業務用ガスコンロは火力が協力なのも魅力のひとつです。フライパンから煙がたつまで熱し、一気に肉を焼くといった料理などには業務用ガスコンロは欠かせません。

おしゃれでアレンジしやすい

業務用キッチンは安っぽさを感じさせないステンレスの質感が主流です。そして家の作りに合わせてレイアウト、アレンジしやすいのです。小さめの作業台とコンロ、大きめの作業台とシンクなど合わせ方は自分次第です。

「業務用キッチン」のデメリット

業務用キッチンのメリットをあげましたが、その反面デメリットがあるのも事実です。家庭用を目的として作られているわけではないので、どうしてもデメリットはゼロにならないのも事実です。一体どういったことがあるのでしょうか。

シンクが低めの位置

先ほどメリットでシンクが深めで良いとありましたが、低めというデメリットもあります。低めで深いシンクは腰痛持ちの人には長時間同じ体勢でいるのは難しい設計であるのは言うまでもありません。ご自身の身体と相談しながら利用してくださいね。

排出管が露出している

業務用キッチンの多くはシンク下に扉がないので、排出管がそのまま露出しています。水栓もシステムキッチンと違い、別に購入してお取り付け頂く必要があります。見た目を気にする方は、どうするか悩むところかと思います。

収納に工夫が必要

先ほどもちらっとお話しましたが、業務用キッチンは収納部に背板や扉がありません。全て露わになるので配置に気を使うことと思います。普通のキッチンでは棚に置けない電子レンジやミニ冷蔵庫を収納できるのは利点のひとつなのでうまく活かしましょう。

「業務用キッチン」にリノベーション

今まで候補になかった自宅キッチンをまさかの業務用キッチンに。少し興味が湧いてきた方も少なくないかと思います。では、早速業務用キッチンにリノベーションしようとなると費用は?どのように?いろいろ考えなければいけないことがあります。

費用はどれくらい?

大体費用は100万円から150万円程と言われています。ただキッチンのリノベーションは抑えたいと思えば抑えられますし、ここに費用をかけたいと思えばその部分を中心にお金をかけれます。持ち込みもできますので要検討ですね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

りこぴん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう