ライター : りこぴん

1児の新米ママしています☆ ママ目線で、女性目線で、主婦目線で、 様々な角度から「食」について考えていけたらなと思います。

ダイソーのキッチン用品がアツい!

最近の100均は本当に進化を遂げていて目が離せないですよね。おしゃれでかわいいものがたくさん。そして何より100均とは思えないクオリティの商品がずらりと並んでいます。 なかでもダイソーは、いつもひと足先に話題の商品を提供している大人気のお店です。今回は、そんなダイソーで人気のキッチングッズを紹介したいと思います。毎日のお料理がもっと楽しくなり、時短にもなるアイテムばかりですよ。ぜひ店頭でチェックしてみてくださいね。

ダイソーのキッチン用品ランキング

5位 米とぎ棒

お米を洗うとき、手を汚したくないという方や、ネイルをしているから直接お米を触りたくないという方は多いのではないでしょうか?そんな方におすすめなのが、こちらの「米とぎ棒」です。 そもそもお米をとぐのは、糖や汚れを落として、ツヤツヤふっくらしたお米を炊くためです。最近は精米の技術が進んでいるので、ゴシゴシと一生懸命洗わなくてもよくなってきているのだとか。 この米とぎ棒は、くるくるとかき混ぜるだけで、お米がとげる優れもの。これでお米をかき混ぜると、水の流れが不規則な乱流になるので、手でといだときのような米とぎができるのです。使わないときは立てておけるので、場所もとらないですね。

4位 プッチンゆで卵メーカー

料理をしているとこの作業どうにか楽にできないかな、と思うことありますよね。例えば「ゆで卵」。ゆで卵の殻むきは、うまくいくときはスルッときれいに取れて、気持ちがよいのですが、ぐちゃぐちゃになってしまうこともしばしば……。そんな悩みは、こちらの商品で解決です。 使い方はとっても簡単。熱湯の中に、このメーカーにセットした生卵を入れるだけ。あとはいつも通りに茹でて、終わりです。これだけで、スルスルッと殻がむけるんですよ。 ▼こちらの動画もご覧ください。

3位 フタ付おろし器

第3位は、「フタ付おろし器」。こちらの商品は、簡単に野菜をおろすことができるだけでなく、付属のフタでそのまま保存もできるという優れもの。容器の底には小さなおろし器がついているので、大根などの大きい野菜も、イチョウ切りをすれば必要分だけを簡単におろすことができます。 大根おろしは意外と体力が必要ですが、こちらの商品はすべりにくいゴム素材でできているので、片手でもズレずに安定しておろすことができます。力をそこまで使わないので、女性でも簡単にできますよ。

2位 シリコン製オイルボトル&ブラシ

カラフルでコロンとした形の、こちらの商品。簡単に説明すると、少ない油で無駄なく調理できるという画期的な商品で、ダイエット中の方や、油を控えたい方にとても人気なんです。 使い方は、容器に入っている油を少しフライパンに垂らして、あとはブラシの部分を使って広げるだけ。今まではなんとなくフライパンを傾けて油を広げていたと思いますが、それでは、油が不均等になりがちですよね。この商品だとそんな悩みも解決されそうです。

1位 ピーラーグローブ

堂々の1位は、こちらの「ピーラーグローブ」。名前のとおり、手袋がピーラーの役割を果たしています。使い方はとっても簡単。手袋をつけて、皮をむきたい野菜を手袋についているざらざらでこすり合わせるだけです。なかなかむきづらいごぼうの皮も、きれいにむくことができますよ。 何よりも手が汚れることがありませんし、後片付けも楽だと好評なのだとか。ただし、こちらの商品は、右手と左手がそれぞればら売りですのでお気をつけくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS