ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

ブラックカレーの特徴は色だけじゃない!?

ブラックカレーとは

一般的な茶色いカレーとは違い、ブラックカレーの見た目は、カレーとは思えないほど真っ黒なんです。その見た目は、まさにイカ墨を思わせるほどの深い黒。ごはんの白色とのコントラストもあり、黒色が際立ちます。 このブラックカレーは、料理漫画の走りとも言える『包丁人味平』にも登場。「ひと口たべればもうひと口たべたくなる」いうカレーが話題を呼び“伝説のカレー”として注目され続けています。

ブラックカレーはなぜ黒い?

ブラックカレーには、何か黒色のものが加えられているわけではありません。大切なのは…… ・牛肉をとろっとろになるまで煮込む。 ・玉ねぎもしっかりと時間をかけて、あめ色が深くなるまで炒める。 ・カレー粉を濃い茶色になるまでしっかりと炒める。 ・仕上げに、何日もかけて煮込む。 ひとつひとつの工程にじっくりと時間が掛けられた結果が、ブラックカレーの深い黒色なのです。

ブラックカレーはどこで食べられる?

ブラックカレーは、全国さまざまなカレー屋さんが独自のスタイルで提供されています。中でも三重県津市にある「レストラン東洋軒」のブラックカレーは、明治22年の東京での創業以来続く伝統のメニューなのです。松阪牛と小麦粉をじっくりと炒めて、完成までになんと1ヶ月以上もかかるという逸品ですよ。 レトルト商品でも登場していて、さまざまな種類が販売されています。スーパーをはじめコンビニやインターネット通販でも購入できるんですよ。

おすすめレトルトブラックカレー5選

1. 辛いのが好きなら「江崎グリコ ビーフカレー リーブラックカレー」

ITEM

江崎グリコ ビーフカレーLEEブラックカレー辛さ×5倍

内容量:180g×10個

¥2,528 ※2018年07月06日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

最初にご紹介するのは、辛いカレーシリーズでおなじみの「リー(LEE)」のブラックカレーです。カレーはやぱり辛いのが好き!という方におすすめですよ。コンビニでも扱われていることがある商品ですよね。

2. 北海道カレーにも登場「富良野ブラックカレー ビーフ」

ITEM

JAふらの 富良野ブラックカレー ビーフ

内容量:200g

¥432〜 ※2018年07月06日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

続いてご紹介するのは、北海道富良野産の材料がふんだんに使われたブラックカレー◎北海道カレーにもブラックカレーは登場しているんです。富良野産玉ねぎ、富良野産牛肉の旨み・甘み・深みが味わえる中辛のブラックカレーですよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS