「シャケ」と「サケ」何が違う?名前の由来とおいしい鮭の見分け方

スーパーでも手に入る、とってもなじみの深いお魚である鮭。サケ?シャケ?どちらが正しいのか、違いはあるのでしょうか。その違いや語源もチェック!さらにおいしいシャケの見分け方や保存方法、おすすめの食べ方までたっぷりご紹介しますよ。

どちらで呼んでる?シャケとサケの違いとは

シャケとサケは同じもの!

2つ呼び方がありますが、実は同じものなんです。「シャケ」と「サケ」どちらの読み方も正しく、同じ“鮭”を指すので違いはありません。広辞苑に書かれている読みは「サケ」なので、基本的な読み方としては「サケ」、それが転して「シャケ」という読み方が広がったようですね。ちなみに「サーモン」は淡水魚の“トラウトサーモン”の事を指しますので、違いがありますよ。

▼シャケとサーモンとの違い、詳しくはこちら!

呼び名の違いにはさまざまな説が

そもそもシャケ・サケの語源とは

「鮭(サケ・シャケ)」の語源には諸説ありますが、中でもアイヌ語が語源とする説が有力と言われています。 アイヌ語には「サクイベ」や「シャケンベ」という言葉があり、これは魚の“鱒(マス)”を意味する語に通じるのです。

他には、身が裂けやすかったり産卵のときに腹が裂けるところから「裂け」が転じたとする説や、身の色が赤く酒に酔ったような色をしていることから「酒気(サカケ)」を略したものとする説があります。

訛りや方言から変わった説

もうひとつの説が、「さ行」をうまく発音できない江戸弁を使う人たちが訛って「サケ」のことを「シャケ」と読んだ、というもの。しかし、江戸弁を使う関東以外にも、近畿地方や九州地方にも「シャケ」と読むエリアは多数あり、方言で「サケ派」と「シャケ派」を分けるのはむずかしそうです。

調理前と加工後の違い説

ほかにも、生きている鮭は「サケ」、捕獲されて加工されたものが「シャケ」とする説。また、捕獲されても調理前は「サケ」、調理後加工されたものが「シャケ」など、調理前と後で呼び名が変わるという説があります。鮭の中でも“白鮭”の別名が「シャケ」と呼ばれるという説もありますよ。

サケ・シャケについてもっと詳しく知りたい!

おいしい鮭の選び方

新鮮なシャケは、皮が乾いておらず艶があり輝いています。身の部分は赤色が強く、水分などがたくさん出ていないもので、極端に表面が乾いていないものがいいでしょう。

身はぎゅっとしまっているもの、切り身の場合は切り口がふっくらと盛りあがって見えるもの、水分が多すぎず表面だけが潤っているものが、おいしいシャケのサインです。脂ののりもよく、食感もしっかりとしていますよ◎

保存方法

切り身のまま冷蔵保存するには、キッチンぺーパーを使い水気を拭き取っておくとGOOD。ラップでぴったりと包み、冷蔵庫で保存し、2~3日を目安に使いきりましょう。

下ごしらえをするなら、塩・こしょう・ハーブを合わせたオリーブオイルや、酒・みりんを合わせた味噌に漬け込むのもおすすめです。身の塩分濃度が高くなるので保存性が高まり、1週間ほど保ちますよ。なお、買ってきたものを当日中に使う時は、パックのまま冷蔵保存でも大丈夫です◎

冷凍する場合には、同様に水気を拭き取り、ひと切れずつラップで包んで冷凍可能な保存袋に入れてから冷凍庫へ。2~3週間を目安に使いましょう。使う時は冷蔵庫内でゆっくり解凍するのがおすすめですよ

おすすめの食べ方は?

シンプルにフライパンでソテーしていただくのもおいしいですよね。バターやマヨネーズ、オリーブオイルにガーリックなど、しっかり目の味付けがよく合いますよ。野菜をたっぷり添えてホイル焼きにするのも、ほっくりおいしくいただけます。

オレンジ色の身をしたシャケは、実は白身魚!アクアパッツァに使うのもおすすめなんです。残ったらパスタをあえて、塩・こしょう・粗挽きこしょうでお手軽シーフードパスタに変身です♪ お好みで粉チーズをかけていただきましょう。

シャケを使ったアレンジレシピに挑戦♪

特集

SPECIAL CONTENTS