ハリオ(HARIO)のコーヒーミルの特徴って?おすすめ4選も

おうちで淹れるコーヒーは、豆と粉どちらを使っていますか?手軽な粉も便利ですが、挽きたてのおいしさを堪能できる豆を挽いてみませんか?ハリオのコーヒーミルは、お手頃価格で機能性の高いアイテムがそろっています。今回はその魅力を詳しくご紹介♪

ハリオ(HARIO)とは

ハリオ(HARIO)は、1921年創業の耐熱ガラスメーカーです。名前の由来は、ガラスの王様「玻璃王(はりおう)」だそう。

創業当時は理化学品を製造販売していて、戦後は耐熱ガラスの特製と理化学品で培ったガラス加工の技術を活かし、コーヒーサイフォンの製作に進出。現在は、コーヒーミルやドリッパーなどのティー関連商品や、電子レンジ用の調理器具などを手がけています。

グッドデザイン賞を受賞した商品も多く、そのデザイン性と機能性は多方面から評価されている代物。100%天然の鉱物を精製した耐熱ガラスを始め、組み合わせるプラスチックも加熱しても環境ホルモンが出ない素材を使うなど、安心・安全のモノ作りにこだわっています。

コーヒーミルがおすすめの理由

コーヒー豆は挽きたてがおいしいと言われますよね。挽いてから時間がたつと酸化してしまい、味が落ちてしまうんです。コーヒーミルはその都度挽くので、お店のように挽きたてのコーヒーをおうちで楽しむことができます。

また、コーヒー豆を挽いている時の香りは格別。カリカリとコーヒー豆が砕けていく音は雰囲気たっぷりで、ほっと気持ちが安らぎますよ♪

ハリオのコーヒーミルの特徴

シンプルでおしゃれなデザイン

ハリオのコーヒーミルは、アンティーク風のものやスタイリッシュなものなど、シンプルでおしゃれなデザインが魅力です。キッチンのカウンターやリビングに置いておいても絵になるので、インテリアを楽しみたい方にもおすすめです。

切れ味のよいセラミック製の刃

コーヒーミルの刃は、金属製とセラミック製の2種類があります。金属製の刃は、初めの頃は切れ味がよいのですが、使っているうちに切れ味が落ちてしまうというデメリットがあるんです。コーヒーミルの刃は研ぎ直すことができないため、切れ味が落ちてしまうと買い替える必要があります。

一方、セラミック製の刃は丈夫で耐久性が高いため、研ぎ直さなくても切れ味のよさが持続します。セラミック製の刃は金属独特のにおいがないため、コーヒー本来の風味を楽しむことができる点もおすすめです。

洗いやすくて手入れが楽

どんなコーヒーミルでも、ケースの中に挽いた粉が残ってしまうもの。これを残したままにしておくと、粉が詰まったり酸化した古い粉が混じってしまいうため、コーヒーの味が落ちてしまう原因になるんです。

ハリオのコーヒーミルは水洗いできるので、これらのお悩みが解消できます。お手入れが楽なので、いつでも清潔に使えますね。

お手頃価格

老舗メーカーのコーヒーミルなのに、ハリオのコーヒーミルはお手頃価格なのも魅力のひとつ。手動のコーヒーミルは2,000円代から、電動でも4,000円程度で買えるものが多いんですよ。コーヒーミルはお手入れをすれば何年も使えるものなので、これはかなりお得だと思いませんか?

電動?手動?コーヒーミルはどうやって選ぶ?

スイッチひとつでOKの「電動コーヒーミル」

スイッチを入れるだけでコーヒー豆が挽ける電動コーヒーミル。短時間で挽けるので、忙しい朝でも挽きたてコーヒーを淹れることができます。

手動にくらべて音が大きいことと、電源が必要な点に気を付けて選ぶとよいでしょう。

挽く手間を楽しみたい「手動コーヒーミル」

手動コーヒーミルのよさは、何と言っても挽く時の手に伝わる感触と香り。レトロな雰囲気に惹かれる方も多いですよね。電動にくらべてシンプルな構造なので、長く使えるのも魅力です。

なお、コーヒー豆を手動で挽くのには力がいります。電動よりも時間もかかるので、使うシーンに合ったコーヒーミルを選んでみてはいかがでしょうか?

ほかにもある!選ぶときに見ておきたいポイント

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

4575

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう