ハリオV60のドリッパーが世界中で売れる3つの理由!特徴から淹れ方まで

「ハリオv60」という名前を聞いたことはありますか?なかでもコーヒードリッパーは、世界中のカフェで使用されプロも愛用!本格的なお味も、ひとり用の1杯から淹れられてとっても便利。おいしい淹れ方から商品の特徴まで、徹底網羅していきます。

世界中で大人気!円すい型ドリッパー「ハリオV60」

HARIO(ハリオ)って?

海外の本格的なカフェでも見かけることがある「HARIO(ハリオ)」というブランドロゴ。ハリオは創業当初から耐熱ガラスや、コーヒー器具を販売しているメーカーです。

ところで実はこちら、日本のメーカーって知っていましたか?世界で認められているハリオですが、日本の古河工場で全て丁寧に作られているんですよ♪

V60ってなんのこと?

そんなハリオのなかでも「簡単で、楽しくて、おいしい」コーヒーを作るための「ハリオV60」という商品シリーズがあります。ケトルや計量器にもV60と名前が付いているので混乱しやすいですが、基本的には大ヒット商品である「円すい型ドリッパー」のことを指していますよ。

この「円すい型ドリッパー」が、自宅でおいしいコーヒーを飲むための要チェックアイテム!さっそくどんなドリッパーなのか、人気の理由を見ていきましょう。

ハリオV60が人気の3つの理由

1. コーヒーの味がしっかりとする円すい型

「ハリオV60」の見た目による大きな特徴は、下が細くなっていく形の円すい型。平らな状態よりも縦の深みができ、豆粉の層も分厚くなります。そのためお湯を注ぐと豆粉に触れる時間も長くなり、コーヒーのお味や香りがしっかりと抽出されるんですよ。

2. スムーズに抽出できるスパイラルリブ

ドリッパーとペーパーフィルターが水分により密着してしまうと、空気の通りが遮られ抽出が遅くなります。遅くなるほど意図せずに濃くなってしまったり、雑な苦味がでてしまうことも。

ハリオV60のドリッパー内部には、「緩やかな曲線のでこぼこ」を作ることで空気の層も作っています。このおかげでスムーズな抽出を促すことができ、こうしたひと工夫によりおいしいコーヒーができあがっていくんですね。

3. 好みの味が作れるひとつ穴

ハリオV60ドリッパーの円すい型の出口は、大きなひとつ穴。ご想像のとおりお湯を注げば大きな穴のため、スムーズに水分が通り抜けていきます。さきほどご紹介した「スパイラルリブ」構造との相性がとてもいいですね。

お湯を注ぐスピードがゆっくりであれば濃い味に。早くすることでスッキリした味わいが楽しめます。

V60ドリッパーを使ったコーヒーの淹れ方

必要な道具と材料(ふたり分)

【道具】
・ハリオV60ドリッパー
・ペーパーフィルター

【材料】
・コーヒー豆:20g
・水:240cc

おいしいコーヒーの淹れ方手順

1. ペーパーフィルターをドリッパーにセット

ハリオV60のよさを最大限に引き出すには、専用のペーパーフィルターがおすすめ。円すい状の形に、ぴったりとはまるように作られていますよ。

2. コーヒー豆をいれる

ハリオV60には、基本的に専用の計量スプーンが付いています。なくしてしまった場合のコーヒー豆の使用量としては、コーヒーカップ120ccに対し"約10gから15g"を目安としましょう。お好みの濃さに合わせて、調節してみてくださいね。

コーヒー豆をペーパーフィルターにいれるときは、押しつぶしたりせずにふんわりと。上の表面部分はやさしく平らにすることで、むらのないお味に仕上がります。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

manaminmin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう