見て楽しい!食べておいしい!ポーランド料理15選

自然豊かで美しく親日国「ポーランド」。観光で訪れた旅のお楽しみは、やっぱり郷土料理ですよね。といってもどんな料理があるのかご存知ですか?今回は食材や調味料、調理法までバラエティ豊かなポーランド料理を一挙大紹介。ぜひご覧になってくださいね♪

ポーランド料理はバラエティ豊かでおもしろい!

ポーランド料理とは

ヨーロッパのほぼ真ん中に位置するポーランド。そこに暮らす人々は、少数民族なのですが、一度は国が消滅したり、侵略、国土分裂、そして国の復活などをへて今に至っています。ポーランドの伝統料理は周辺諸国の影響を受け、独自の文化に発展してきました。そのため、ポーランドの料理はバラエティ豊かなんですね♪

ポーランド料理の特徴

ポーランド料理は、素材の味を生かした調味料や調理法を多く取り入れています。なので、和食と共通するところもあり、日本人の口にもとっても合うと言われています。そんなポーランド人の主食とされているのは「ジャガイモ」。焼いたり蒸したり、日本人もなじみのある料理がたくさんあります。

ほかによく使われている食材はお肉。こちらは煮込む料理が多く臭み消しの効果などもあり、香辛料に数種類のハーブを使っています。さらに、かつてコショウの産地として貿易が盛んだった国でもあり、味付けにコショウを使う料理が多いのも特徴となっています。

ポーランドのメイン料理6選

1. プラツェック

ポーランド料理の定番「プラツェック」は、ポーランド人の主食、じゃがいもをすりおろしたり、つぶして焼いたパンケーキのようなものです。そのまま食べることもありますが、本場ではソースやジャム、サワークリームなど自分の好きな物をかけて食べるそうです。

2. ゴウォンプカ

「ゴウォンプカ」は、ポーランドの伝統的なロールキャベツのことです。見た目は私たちがよく目にするロールキャベツのようですが、大きな違いは中の具材の比率。肉よりも米や大麦をたくさん入れるんですよ。仕上げには、トマトソースやキノコソースをかけていただきます。

3. ピエロギ

「ピエロギ」はいわゆる、ポーランドの餃子と言ったとこでしょうか。特徴なのは、皮が分厚くてもちもちしているところ。具材にはマッシュポテトやベーコン、ほうれん草、フルーツとさまざまな具材を包みます。ポーランドのレストランや専門店で気軽に食べられる国民食なので、機会があったらぜひ食べておきたいひと品です♪

4. コトレト

ボリューミーなポーランド料理「コトレト」は、ポーランド風のカツレツのようなもの。その大きさにびっくりしますが、豚肉を薄くのばしパン粉をまぶして焼いたものなので調理はとっても簡単なんですよ。

日本人はとんかつソースをかけたくなりますが、ポーランドでは、ザワークラウトと一緒に食べるのが一般的です。

5. ザピェカンカ

「ザピェカンカ」は半分に切ったフランスパンに、さまざまな具材をトッピングした、手のひらサイズの長細いピザのようなものです。お店によってトッピングもいろいろあり、食べ歩きフードにぴったり。なんといっても値段が安いのも魅力的なので、旅行中に何度もリピートしたくなります。

6. キェウバーサ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

料理作家 つくり子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう