“食べると酔うパスタ”があるという「銀座スケベニンゲン」が気になる

銀座スケベニンゲン…。思わず立ち止まってしまうような名前のこのお店50種類以上のパスタが楽しめるTVで紹介されるほどの老舗の人気店。お店の名前がついたパスタメニューの「スケベニンゲン」は白ワインがベースになっていて、食事中に酔うほど刺激が強いとか…。

ユニークな名前の「銀座スケベニンゲン」

ユニークな名前が印象的な「銀座スケベニンゲン」は開店してから30数年の老舗。ずっと変わらぬ味と値段で人気の南イタリア家庭料理店。歩いているとちょっと懐かしいような食欲をそそる看板が見えてきます。
お店は地下なので階段を降りていきます。壁にもかわいい装飾がしてあってアットホームな雰囲気です。

広々とした店内

さっぱりときれいな内観です。店内は、テーブル席のみとなっています。所々にイタリアの写真やカラフルな絵などが飾られていて明るくカジュアルな雰囲気です。
おしゃれな店内はランチタイムはかなり賑わうそうです。確かにどこか居心地のいい店内は友達とゆっくりおしゃべりしたくなるかも。

50種類以上のパスタ

メニューには50種類以上のパスタがあり、迷ってしまいます。店名が付いた「スケベニンゲン」はスープたっぷりのパスタ。
スープは白ワインをベースにして、塩、こしょう、しょうゆで味を調えています。、かなりワインの風味がしっかりしているため、食事中に酔うほど刺激が強いそうです。大きくカットされたピーマン、玉葱などの具材が入っているのでボリューム感もあります。

人気の「フリッタータ」

人気の「フリッタータ」はミートソースと卵を混ぜて、唐辛子を加えて熱々の麺に絡ませ、オムレツ風に周りをカリッと焼き上げたもの。
表面はカリッと香ばしく、ほぐすと中はもっちり仕上がっていて2つの食感が楽しめる。卵とパスタと唐辛子の絡み具合が見事、と言ってしまうほど絶妙!
ランチタイムにはサラダもついてきます。女性には嬉しいですね♪バジル風味のドレッシングがさっぱりしてておいしいです。
「マリナーラ・ロッソ」は、深さのある大きめのお皿に盛られたたっぷりのスープパスタ。酸味のあるトマトスープで、さらりとした舌触りが特徴的で、パスタの固さもちょうどいいです。
魚介の香りや旨味がいっぱいのスープに海老、いか、ホタテ、あさりなどの具材がたっぷり。かなりボリュームもあって満足できます。
「バジリコ」はもちもちのパスタの上にジェノベーゼソースとバジルの葉とオリーブがトッピングされています。豪快に混ぜてから食べてもいいかもしれません。
バジルの風味とニンニクがたっぷりでスタミナがつきそうな味ですが、どこか上品な感じが漂います。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS