ライター : aaaharp

紅茶が好き。ライターとして、食だけでなくあらゆる分野のメディアで執筆しています。あちこちにアンテナを張っているので、暮らしに役立つ情報やトレンドをどんどんお届けしていきます。

シェイカーとは

「シェイカー」とは、飲料や調味料を混ぜ合わせる調理器具のこと。一般的にはカクテルを作るためのシェイカーを指すことが多いですが、ジムで運動をする方などがイメージするのはプロテインシェイカーかもしれませんね。 ここで紹介するのはカクテル用のシェイカーです。これは性質(比重など)が異なる液体をきれいに混ぜ合わせる、アルコールに空気を含ませる、シェイクしながら飲み物を冷やすという役割があります。単純に液体を混ぜるだけならマドラーでも構いませんが、シェイカーを使えばよりおいしいカクテルを作ることができるというわけです。

シェイカーの振り方

シェイカーの振り方は数種類ありますが、簡単な方法を紹介します。シェイカーは手のひらでぎゅっと持たないようにします。手のひら全体で包むと温度が上がってしまうので、指の腹でポイントをおさえるように持ちます。 両手でシェイカーを持ったら、シェイカーを横に倒した状態で、自分から見て前後に振ります。作るカクテルによっても回数は違いますが、基本的に最初の数回はゆっくりと、あとは10数回すばやく、最後の数回もゆっくりと、これで完成です。

おすすめシェイカー10選

1. 初心者に嬉しいフルセット「ご家庭でカクテル 7点セット」

ITEM

ご家庭でカクテル 7点セット

容量・サイズ:UK18-8シェーカー/360cc、メジャーカップ/45/30cc、カクテルメジャー バーマスター/φ105mm、ツイストバースプーン/全長245mm、扇型レモン絞り/縦×横70×80mm、矢来ミキシングカップ/500cc、耳付ストレーナー/全長150mm

¥7,452〜 ※2018年05月01日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

カクテル作りを始めるのに不足のない7点セットの商品です。シェイカー自体の容量はいろいろありますが、こちらの商品は360ccの大きめで振りやすいサイズです。シェイカー本体のほか、メジャーカップ、スプーン、レモン絞り、ストレーナーなどもついているので、何でも作ることができます。

2. 大容量カクテル作りにおすすめ「メイソンジャー シェイカー カクテル 」

ITEM

メイソンジャー シェイカー カクテル

サイズ:シェイカー/幅9×奥行9×高さ20.5cm、ジガー/直径4.4×高さ9.1cm、マドラー/直径3×高さ25.4cm

¥4,860〜 ※2018年05月01日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

普通のシェイカーとはちょっと変わった、ガラスでできたメイソンジャーのシェイカーです。シェイカー自体が940mlとかなり大きめなので、一度にたくさんカクテルを作りたいときにおすすめ。ジガー、マドラーも付属しています。

3. 持ちやすい形状「カクテルシェーカー 6点セット」

ITEM

カクテルシェーカー 6点セット

容量:350ml

¥10,830 ※2020年01月31日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

カクテルシェイカー本体は350ml。どんな方でも持ちやすい形状なので、手軽にカクテルを楽しめます。付属するのは、メジャーカップ、バースプーン、ミキシンググラス、ストレーナー、カクテルブックです。

4. 多彩な用途「Littlegrass 電動シェーカー」

ITEM

電動シェーカー

容量:600ml

¥16,497 ※2020年01月31日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

カクテルだけでなく、他のドリンクや離乳食、プロテインなども作ることができる電動シェイカーです。ぬるま湯も使用できるので、コーヒーやお茶などの温かい飲み物も作ることができます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS